ドリームキャストの新たな「ビジュアルメモリ」が登場!?非公式な「VM2」がクラウドファンディングで手に入るかも。

vm2.png

未だにファンがいる機種ではあるんだろうけれども、こうどうに移すって凄いよね(;^ω^)

セガさんから発売されたドリームキャストというゲーム機ですが、そのメモリーカードとして

ビジュアルメモリ

というものがありましたよね?

今回、そのビジュアルメモリの次世代機

VM2

が開発されているみたいですぜ・・・非公式ですが(笑)


SPONSORED LINK


ドリームキャストについて改めて復習を

dorimukya.png

その前に、リアルタイムにドリームキャストを遊んでいない世代も多くなっているでしょうし。

改めて、ドリームキャストについて復習してみましょ(・∀・)

まず「ドリームキャスト」という機種は、復刻版のメガドライブミニなどを除いて、セガさんが

最後に発売した家庭用ゲーム機

でしたな。

湯川専務という、実際に専務をやられていた方がキャラクターとなり、ちょっとギャグテイストなCMが話題でした。

ちなみに、湯川専務こと湯川英一さんは去年亡くなられましたね・・・。

ドリームキャストは、当時の家庭用ゲーム機の中でもめっちゃ高性能でして。

アーケード筐体で稼働していたタイトルをあまり劣化させずに移植する事ができたり。

pawasuto.png

条件さえ整えれば、ゲームのオンラインプレイやネット閲覧なども可能でした。

まだPCもあまり当たり前じゃなかった時代に、そういう事ができたのがドリームキャストでしたな( ・`ω・´)

ちなみに、ネットに関しては今みたいに定額で楽しめるわけではなく、3分10円とかかかっていたのですが。

セガさんは「定額コース」などのせービスを用意していましたね!

fanntasi.png

とまあ、そんな感じで性能としてはかなり高く、ゲームも結構楽しいものがありましたが・・・。

当時、任天堂さんの機種に並んで人気だったSIEさんのPS・・・その次世代機

PS2

が発売されまして、面白いゲームも揃っている、しかもこの価格でDVDも観ることができる・・・ということでバカ売れ。

結果、ドリームキャストは思っていたよりは売れず、セガさんは

家庭用ハード事業から撤退

という形となりましたな(;^ω^)


SPONSORED LINK


ドリームキャストのメモリーカードである「ビジュアルメモリ」とは

そんなドリームキャストですけれども、当時のゲーム機は今みたいにHDDやSSDが実装されているわけではなく

メモリーカード

という外部メモリーをセットすることで、データセーブ、管理ができましたな( ・`ω・´)

bizyume.png

ドリームキャストでは、

ビジュアルメモリ

というものがその役割をしていたのですが・・・このビジュアルメモリの大きな特徴としては

スクリーンやボタン

が備わっているんですよね。

なので、このビジュアルメモリだけでちょっとしたゲームを遊ぶことができました!

ただ・・・電池のもちはよくはなく、すぐに遊べなくなりましたけれどもね(;^ω^)

pokesute.png

ちなみに、このビジュアルメモリは1998年に発売されたのですが、その翌年の1999年に当時のSCEさんが

ポケットステーション

というモノを発売していましたね。


SPONSORED LINK


ビジュアルメモリの次世代機「VM2」が開発中?

ということで本題・・・ドリームキャストようのメモリーカードとしてビジュアルメモリというものがあったわけですが。

ここに来て、そのビジュアルメモリの次世代機版

VM2

のクラウドファンディングキャンペーンが開始となったそうですな(;^ω^)

もちろん、セガさんがやっているわけではなく、

Dreamware Enterprisesさん

というところが非公式で開発するとのこと。

この「VM2」は、基本的な形やビジュアルメモリと同じで、キャップを外してドリームキャストのコントローラに差して使うことが可能。

容量は128KB・・・と、スペック面もオリジナルのビジュアルメモリと一緒になっています(笑)

vm2.png

じゃあ何が違うのかと言うと、ちょっと解像度が高いLCDスクリーンに変更されたほか。

側面にmicroSDを差し込むポートがありまして、ストレージ容量も増設することが可能。

また、高容量のバッテリーが内蔵されており、microUSBで充電すれば結構な時間起動していられるんだとか。

ちなみに、2色展開になるみたい。

2syokuyoui.png

まあ、使い方としては当時のビジュアルメモリのままなのですが。

もっと快適に使いたい!という方は、検討してみるのもあり・・・なのかな?

そもそも、セガさんに許可を得たわけではないでしょうし、ちゃんと発売されるのかな(;^ω^)?

あとがきっくす

ということで今回のまとめ・・・

・ドリームキャストでは「ビジュアルメモリ」というメモリーカードが使われていた
・そのビジュアルメモリの次世代機「VM2」をクラウドファンディングで制作する?
・基本的な性能は変更はないが、LCDスクリーンに変更、microSDでストレージ増設、高容量のバッテリーが搭載される

という記事でした。

この流れで色々調べてみたら、ビジュアルメモリを有機ELに魔改造していたり。

エミュを使ってファミコンなど動かしている人もいるみたいですね(;^ω^)

普通のビジュアルメモリでそこまで改造できるということは、VM2はもっと自由度が高そうですな。

-周辺機器・ガジェット
-, , , , , ,

© 2022 レトロゲームたちVS最新ゲームたち Powered by AFFINGER5