もともとスマブラシリーズに向けたアケコン「Smash Stick」がアメリカで開発中!360度すべての角度へのスティック入力が可能になる模様!

sumasutete.png

慣れないうちは、違和感があったりするのかなぁ?

アメリカに拠点を置くAlt Lab Controllersというメーカーが、

Smash Stick

というアケコンを開発しているみたいですね(・∀・)

この「Smash Stick」の大きな魅力はというと・・・?


SPONSORED LINK


もともとはスマブラシリーズに向けたアケコン「Smash Stick」

さて、Alt Lab Controllersというメーカー自体聞いたことがないわけですが、そんなメーカーが開発するのが

「Smash Stick」

というアケコン。

sumassyu.png

一見すると、すげぇボタンが多いアケコンとなっていますが。

現在、キックスターターで開発資金を募っているこの「Smash Stick」は、もともと

大乱闘スマッシュブラザーズシリーズ

を遊ぶために作られたアケコンとなっているみたいですね( ・`ω・´)

今はそれに限ったものではありませんが、スマブラシリーズをより楽しく遊べるようにするための技術を、色々と実装しているみたいです。

ちなみに、対応プラットフォームはスマブラ向けだったのもあって、ニンテンドースイッチ、ニンテンドウ64、ゲームキューブ、Wii、WiiUといった任天堂機種はすべて対応。

また、PS3、PCまで変換無しで接続すればプレイ可能で、PS4は変換器を用いれば使えるようになるそうです!


SPONSORED LINK


360度すべての角度へのスティック入力が可能

でまあ、スマブラシリーズというと、とにかく縦横無尽に動き回る対戦アクションとなっています。

なので、一般的なアケコンで遊ぶとなると、スティック入力が

8方向のデジタル入力

となりますので、思うように遊べないと思います。

じゃあ、「Smash Stick」はどうなのかというと、なんと

360度すべての角度

へのスティック入力が可能となるみたいですね!

しかも、コントローラーのアナログスティック同様、レバーを倒す角度もしっかり検知。

なので、スマブラシリーズはもちろんのこと、動画では「ゼルダの伝説 ブレス・オブ・ザ・ワイルド」も問題なく遊ぶことができています(・∀・)

8角ガイドもつけられているため、普通の格ゲーのように使いたい場合もあまり問題ないかも?

また、たくさんあるボタンですけれども、これらは人間工学を考えた配置になっていることに加えて。

一部のボタンに関しては、高さがちょっと高いところもあるみたいですね。

この絶妙な高さによってホームポジションの手の位置を覚える事ができ、ボタンに目を向けること無くほかのボタンにアクセスできる・・・そんな感じになるみたいです。

もちろん、ボタンはおなじみの三和電子さんのものを使用しているため、プロのアケコンと遜色なく使うことができるのかなと!

ちなみに・・・ボタン割り当てが可能なほか、スティック入力にも割り当てが可能なんだとか。

なんか、使い方によっては「チートだ!」って騒がれそうですね(;´∀`)

あとがきっくす

「テトリス99」に使えるのはちょっといいなー。

ニンテンドースイッチの純正だとプレイしにくいんですよね、プロコンもJoy-conも・・・まだJoy-conのほうが遊びやすいくらい。

ちなみに、キックスターターで約2万6,000円ほど出資すれば、1台手に入るみたい。

送料は別途5,200円くらいなので、3万円くらいになりますな・・・うーむ。

-ニンテンドースイッチ, 周辺機器
-, , , ,

Copyright© レトロゲームたちVS最新ゲームたち , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.