「野狗子: Slitterhead」は怖くない?若いプレイヤーも入りやすい?などなど、Bokeh Game StudioのQ&Aが公開。

yakusi.png

格闘ゲーム然り、昔は人気だったジャンルから若い人が離れているっていうのは、ホラーゲームにも当てはまるのかな?

Bokeh Game Studioさんの第1弾タイトルとして発表された

野狗子: Slitterhead

ですけれども、国内外の質問に対する回答がされたみたいですね(・∀・)

怖くないホラーゲーム・・・どんな感じになるんだろ?


SPONSORED LINK


若いプレイヤーにも面白さを感じてもらえるように設計

さて、今回もプロデューサーである佐藤一信さん、クリエイティブディレクターである外山圭一郎さん、ゲームディレクターである大倉純也さんが回答しています。

ちなみに、第1弾はこちら。

サイレントヒルやサイレンなどなど、国内外でも人気の高いホラーゲームを手掛けてきた外山圭一郎さんたち。

その方々の新作ということで、結構期待している人も多いであろう「野狗子: Slitterhead」ですけれども。

この「野狗子: Slitterhead」を開発する際にも、根底の理念になっているのが、

今の世の中にないモノを作りたい

ということみたいですね。

この考え方については、サイレントヒルの制作のときもあったそうで。

今の世の中には無いけれども、「こういうものがあったら面白いな」という着想から、サイレントヒルなども出来上がってきたそうです。

yakusige.png

「野狗子: Slitterhead」もゲーム内容は違えど、理念は共通しているそうで、今作も今まで体験したことがない作品になるのかもしれませんが。

とりあえず今回のQ&Aでは、従来のコアなホラーゲームファンだけではなく

若いプレイヤーにも面白さを感じてもらえるように設計

を意識して作られているということが語られています。

ホラーゲームって、ちょっとプレイしてみようかな?というよりも、完全な「ホラー好き」が手をつけるような作品が多く。

開発側も、そこの層にぶつかるような作品を作っているのかもしれませんが。

「野狗子: Slitterhead」はそうではなく、もう少し「当たり前にホラーを楽しめる」ような作品にしたいんでしょうね。


SPONSORED LINK


「野狗子: Slitterhead」は怖くないゲームらしい

このティザー動画などを見た時点で怖いって思う人もいるかもしれませんが(笑)

「野狗子: Slitterhead」は今までよりも怖い作品になるの?っていう質問に対して、外山圭一郎さんは

怖くないゲームを作ってしまった

とコメントしています(;^ω^)

まあ、このことについては以前からもやんわりと語られていましたが、「野狗子: Slitterhead」は

未知の世界に入ったときの恐怖感

を重視しているみたいですよね。

yakusiippann.png

ババーン!とビックリさせる怖さとか、化け物がガンガン襲ってくる怖さとか・・・そういう怖さではなく。

現実でも、イレギュラーなことが突然起こったらすごく不安になりますし、恐怖を覚えますよね?

今まで普通にやっていたし、感じていたことに対して、突然問題が発生したときの恐怖・・・多分ですけれども、そういった恐怖感に近い感じになるのかなと。

まあ、ちょっと言葉ではいまいち説明しにくいですけれども(;^ω^)

サイレントヒルなども、当時は今までになかった精神的な怖さを体験できていましたので、どういった感じになるのか楽しみだったりします!


SPONSORED LINK


ストーリーはトリッキーな仕組みに。難易度はサイレンよりは難しくない

他にも、ストーリーについての質問も。

サイレントヒルやサイレンは、ストーリー部分の完成度も高い作品でしたが。

「野狗子: Slitterhead」ももちろん、こだわりを持ってストーリーをアップデートしているみたい。

キャラクターとプレイヤーをシンクロさせ、よりその世界感に入り込めるようにしたいみたいですから、ゲーム内容だけではなく、ストーリー部分も感情移入できるような内容になるのかもしれませんね。

siutori.png

ちなみに、一本道のゲームになるのか?という質問に対しては、オープンワールドではないけれども、一本道というわけでもない

トリッキーな仕組み

を取り入れた作品にするとのこと・・・これにより

色んな方向からストーリーの実像をあぶり出す構造にしたい

と考えているみたいですね。

サイレンシリーズのストーリーも、色んな方向があってストーリーの実像があぶり出されていましたが・・・そんな感じになるってことかな?

obasannkowa.png

あとは「野狗子: Slitterhead」の難易度。

「野狗子: Slitterhead」の難易度は、

「サイレン」ほどクリアできない事態にならない

とのこと(笑)

「サイレン」はシリーズの中でも屈指の難易度でしたからね・・・ゲームシステムや世界観は面白かったのですが、途中で妥協した人も多いハズ(;^ω^)

「野狗子: Slitterhead」は、ホラーゲームに触ったことがないユーザーも楽しめる難易度を検討しつつも。

緊張感や葛藤なども両立するように、現在色々と挑戦しているみたい。

程よく難しく、でも途中で辞めようと思う感じではない・・・そんな感じを目指しているみたいですぜ(・∀・)

あとがきっくす

他にも色んな質問や、それに対する回答がされていますので、時間がある方は動画を見ていただきまして・・・。

とにかく、みんなが思っているようなホラーにはならない雰囲気が出ていますな(笑)

でも確かに、ホラーという歴史も長いですから、「ホラーっていうのはこうだ!」という凝り固まった考えになっちゃいますよね。

もちろん、王道的なホラーも面白いのですが、王道だからといってそればかりだと進歩しないわけで・・・。

だから、それとは別の道を作るというのも大事なのでしょうね( ・`ω・´)

どんな作品となるのか、今後の話も楽しみですな!

-新作ゲーム未分類
-, , , , , ,

© 2022 レトロゲームたちVS最新ゲームたち Powered by AFFINGER5