ソニックの生みの親、中裕司さんがインサイダー取引容疑で逮捕。スクエニ相手に訴訟もして何しているんだろうね・・・。

sukueaeni.jpg

何をしているんだか・・・(;´Д`)

先日、スクエニさんの元従業員2人がインサイダー取引で逮捕されていましたが、その事件にソニックの生みの親である

中裕司さん

も絡んでいたとのことで、中裕司さんも逮捕されましたな。

セガさんからもスクエニさんからも、「自分の意志ではなく辞めさせられた」みたいな感じを出していましたが・・・こんなことをしているのを見ると他に理由がありそうですね。

スクエニ元従業員がインサイダー取引容疑で逮捕

takuto.png

その前に、先日ニュースになっていましたが、スクエニさんの元従業員2人がインサイダー取引の容疑で逮捕されていましたな。

2020年7月にサービスを開始したスマホゲーム「ドラゴンクエストタクト」ですけれども。

この開発にはスクエニさんだけではなく

Aimingさん

も携わっておりまして。

aiming.jpg

その情報が公に発表される前に、この元従業員2人がAimingさんの株を購入していた・・・ということで、金融商品取引法違反で逮捕されました。

そのときの買付額は約4700万円分だったとのこと。

ちなみに、Aimingさんというと2011年に設立された企業で、「剣と魔法のログレス いにしえの女神」「実況パワフルサッカー」などの作品を開発。

株価を見ると、「ドラゴンクエストタクト」が配信される2020年7月ちょっと前までは200円〜400円くらいだったのに対して、配信後は1,000円を超える株価になっていました。

amingkabuka.jpg

なので、その前に購入していたこの元従業員たちは、相当儲かったんだろうなと。


SPONSORED LINK


ソニックの生みの親である中裕司さんも関与・・・そして逮捕へ

とまあ、このときは元従業員2人が逮捕されたわけですが、その後の調査ではソニックの生みの親である

中裕司さん

もインサイダー取引に関与していたということで、今回逮捕されましたな。

nakayuu.jpg

中裕司さんは、セガさんに在籍していたときは「ソニック・ザ・ヘッジホッグ」や「ナイツ」といった名作を生み出した人物ですが。

独立後はあまりパッとする作品は無く、スクエニさんに在籍。

スクエニさんに在籍中は

「バランワンダーランド」

という作品を生み出しましたが・・・その評価は何とも言えないものでしたな(;´∀`)

barannwa.png

で、結果スクエニさんからも退社したのですが、

自分はディレクター職を不当に外された

ということで、スクエニさんを訴えていましたな。

それとは別に、退職後は1人で

「SHOT2048」

というゲームを開発し、無料配信していたのですが。

なんか色々と残念な結果になってしまいましたな・・・。

ちなみに、中裕司さんは約280万円分、Aimingさんの株価を買付したみたい。

ちょっとだけ乗っかったのか、あまりお金がなかったのかわかりませんが、本当に残念ですな。

あとがきっくす

ということで今回のまとめ・・・

・スクエニさんの元従業員2人がインサイダー取引で逮捕
・「ドラゴンクエストタクト」発表前に、開発元のAimingさんの株を購入
・このインサイダー取引に中裕司さんも関与していたとのことで逮捕

という記事でした。

実際に会った方ではないので、メディア以外ではどんな方なのかはわかりませんが。

セガさん、スクエニさんの退社の件で「自分は悪くない」というような感じで語っていたのですけれども。

今回、こういう問題が起きるということは、やっぱり何かしら問題があったのかなと考えちゃいますね(;´Д`)

ソニックやナイツ、チューチューロケット!など、個人的に好きな作品を生み出してきた方なので、本当に残念です。

-雑記
-, , , , , ,

© 2022 レトロゲームたちVS最新ゲームたち Powered by AFFINGER5

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。