クラウドに特化した携帯ゲーム機「Logitech G CLOUD」が正式発表!Xbox Cloud Gamingなどがプレイ可能みたい。

sutorimu.png

値段はそこそこしますけれども、気軽にプレイするには丁度いいサイズ感ですな(・∀・)

先日、ロジテックさんとテンセントさんが共同で

新型携帯ゲーム機

を開発しているという報道がされていましたが、それが

Logitech G CLOUD

という名称で正式発表されましたぜ?

日本ではまだ手に入れられないようですが、もし発売されたらどうなるかなぁ?


SPONSORED LINK


クラウドに特化したポータブルゲーム機「Logitech G CLOUD」

rozite.png

さて、今回発表されたのが、ロジテックさんのブランドであるLogitech Gの

CLOUD

という携帯ゲーム機。

以前、ロジテックさんとテンセントさんが共同で新型携帯ゲーム機を開発しているという報道がされていましたが。

それが今回正式発表された形になります(・∀・)

この「Logitech G CLOUD」の大きな特徴は

クラウドゲーム専用

のゲーム機ということ。

Valveさんから発売されているSteam deckのように、ソフトをダウンロードしてプレイするわけではなく。

ストリーミングに特化した携帯ゲーム機になっているわけですな( ・`ω・´)

ちなみに、対応するクラウドゲームは

Google Play
Xbox Cloud Gaming
GeForce Now
STEAM LINK

と、有名どころは遊ぶことができるみたいですね!


SPONSORED LINK


「Logitech G CLOUD」のスペックについて

logikura.png

今回の発表により、「Logitech G CLOUD」のスペックも公開されていますな。

まず、SoCにはQualcommさんという企業の

Snapdragon 720G

を採用し、OSはAndroid 11が採用されているみたい。

ディスプレイは1,920×1,080のタッチ対応液晶で、サイズは7インチほど。

ニンテンドースイッチ(有機ELモデル)と同じサイズですね(・∀・)

メインメモリは4GB、内蔵ストレージは64GBと、ここらへんはクラウドゲーム専用機とのことですし抑えられていますな。

もしもっと容量が必要になったとしても、microSDカードスロットが備わっているとのことなので、それで拡張できるのでしょう( ・`ω・´)

sdsuro.png

操作に関しては、基本的なスティックやボタンは備わっている他、

・リニアバイブレータ
・6軸IMUセンサー
・照度センサー

なども備わっているとのことで、センサーを使用した体感ゲームも遊べるのでしょうな。

本体サイズは

256.84×117.21×32.95mm(幅×奥行き×高さ)

で、本体の厚さは薄め。

usumesaizu.png

重さも約463gとのことで、一般的なポータブルゲーミングPCよりは疲れにくいのかなと!

ちなみに、駆動時間は12時間ほど。

ネット環境が整っていないと満足にクラウドゲームは遊べないのですが、OSにAndroid 11が採用されていることで、アプリをインストールして遊ぶことはできるみたいですな。

これで価格は349.99ドル(5万円ほど)・・・ですが、事前予約だと299.99ドル(4万3000円ほど)と、1万円安く購入できるみたい。

とはいえ、日本ではまだ普通に購入できないわけで、日本法人であるロジクールさんの発表を待つ必要があります。

ということで、気になる人はもうちょっとだけ続報を待ってみましょ!

あとがきっくす

ということで今回のまとめ・・・

・ロジテックさんとテンセントさんがクラウド専用の携帯ゲーム機を共同開発
・それが「Logitech G CLOUD」であることが正式発表
・Google Play、Xbox Cloud Gaming、GeForce Now、STEAM LINKが遊べる模様
・通常価格は349.99ドル(5万円くらい)、事前予約で299.99ドル(4万3000円くらい)で販売
・ただし、日本はまだ購入できなそう?

という記事でした。

日本でどれくらいストリーミングでゲームをプレイしている人がいるんだろうね?

PCやコンソールで遊んでいる人はいるかもですが、スマホなどを使って外でプレイする人がどれくらいいるのか・・・。

まあ、まだ物好きが購入するような機種っぽい感じがしますが、どうなるかな!?

-周辺機器・ガジェット
-, , , , , ,

© 2022 レトロゲームたちVS最新ゲームたち Powered by AFFINGER5