単なる一般人が気になった新作タイトルを紹介するブログ。たまにゲームプレイやレトロゲーム話もチラホラと。

レトロゲームたちVS最新ゲームたち

ディスクレス「XBOXONE S オールデジタルエディション」が正式発表の!価格は24,980円+税で2本のタイトルも付属!

投稿日:

Xboxoru

本当にリーク通りの形になりましたな(笑)

噂されていたディスクレスの新型XBOXONE「XBOXONE S オールデジタルエディション」が正式発表されましたね!

なんか、これを買うならば、ディスクドライブついたほうがいいなーっていう人もいそうだな(;^ω^)?


SPONSORED LINK


「XBOXONE S オールデジタルエディション」が2019年5月7日より発売

ということで、噂されていた「XBOXONE S オールデジタルエディション」が、正式発表されましたね・・・リーク通りの形で(笑)

とりあえず海外だけかと思っていましたが、日本でも2019年5月7日に発売されるそうです。

「XBOXONE S オールデジタルエディション」は、本体画像を見て分かる通り、XBOXONE Sからディスクドライブが廃止された形をしており。

Xboxoru2

オールデジタルと謳っている通り、ダウンロード版のゲームのみを遊ぶことができるハードになっています(・∀・)

スペック的にもXBOXONE Sと同じで、製品仕様は以下の通りになっています。

外形寸法:295 x 230 x 63 mm
重量:約 2.3 kg
CPU:8 コア x 86 AMD
RAM:8 GB
ハードドライブ:内蔵 (1TB)
光学ドライブ:非搭載
通信:無線 LAN (802.11a/b/g/n/ac)、ギガビット イーサネット
外部インターフェース:HDMI 入力端子、HDMI 出力端子、光デジタル音声出力端子、USB 3.0端子x3、イーサネット端子、IR ブラスター端子

なので、すでにXBOXONE Sを持っている人は買い換えるレベルではありませんし。

価格も24,980円+税と、正直めっちゃ安くなっているわけではないので、「オレは本当にダウンロード版だけしか遊ばない!!」って言い切れる人だけが、初めてXBOXを買うときに検討するレベルのハードなのかなと。

個人的に、もう少し小型化されていたりすれば魅力に映ったのですが、本当にそのままだったからね・・・なんか手抜きに見えちゃう(;´∀`)

とりあえず、「マインクラフト」と「Forza Horizon 3」は付属するので、それはちょっとだけお得感があるのかなと!


SPONSORED LINK


とりあえず、日本でも「Xbox Game Pass」などのサービスが展開されてからが勝負かな?

まあ、「XBOXONE S オールデジタルエディション」の形やスペックがそのままなのは目をつぶるとして。

日本でも

Xbox Game Pass

というサービスが展開されると、また話は変わるかもしれませんな。

Gemapasu

Xbox Game Passは、100タイトル以上が月額9.99ドルという料金で遊び放題になるサブスクリプションサービス。

マイクロソフトさんのファーストパーティータイトルはすべて発売日からプレイ可能となったり。

サードパーティータイトルも基本は旧作の配信ですが、中には発売日から遊べたりするタイトルもあるサービスになっているそうです。

たった1,000円ちょっとで遊び放題になるので、それならば、ダウンロード版だけプレイできる「XBOXONE S オールデジタルエディション」でもいいかな?ってなるかもしれませんな。

ただ、日本向けのアナウンスが今のところ無いので、だいぶあとになってから、忘れられた頃にサービス展開されそうだなって思っています(;´∀`)

あとがきっくす

なんか、海外でも高いじゃねーか!って言われているみたいですね。

日本では、通常版XBOXONE Sと比べると、6,000円くらい安く購入する事ができる「XBOXONE S オールデジタルエディション」ですけれども。

海外ではすでに、通常版XBOXONE Sのほうが安く購入できたりするみたいです(;´∀`)

本当、大きさとか、ギミックとかが変わっているならまだしも、なぜこの形で発売したのかが謎ですな。

まあ、これはあくまで前座で、E3でどーんと次世代機とか発表するかもしれないので、様子見しておくのがいいかもしれませんな。

-XBOXONE
-, , , , ,

Copyright© レトロゲームたちVS最新ゲームたち , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.