中国テンセントがマーベラスを傘下に!持続的な成長が可能な体制構築をするための資本業務提携だとか。

mabera.png

いやはや、どんどん拡大していきますな(;´∀`)

中国テンセントさんの子会社であるImage Frame Investmentさんと、マーベラスさんが資本業務提携したみたいですね。

これにより、マーベラスさんがテンセントさんの傘下になりますぜ?


SPONSORED LINK


どんどん拡大をしていくテンセント・・・って何者?

テンセントさんというと、今年はじめにプラチナゲームズさんと資本提携したことが話題になっていましたが。

今更ながら、イマイチよくわからない企業なのでサラッとだけお勉強を(;´∀`)

tennse.png

テンセントさんは1998年に創業。

SNSやメッセンジャー、レンタルサーバーの提供といったホスティングサービスなどを行なっているほか、

ゲーム事業

も2004年から開始しているみたいです。

初めはQQ堂やQQ音速といった自社開発のゲームを提供していたみたいですが。

海外企業の参入が難しい中国市場の仲介みたいな立ち位置で、他社開発のゲームを自社プラットフォームで展開するライセンス方式を実施。

十数億人の人たちがいる中国ですので、やはり中国でモノやサービスを売るというのは、どの企業にとっても魅力に映っているわけで。

「中国市場に参入したい!」

とライセンス提携をする企業がどんどん増えていったみたいですな。

例えば、日本企業ではカプコンさんやスクエニさんといったサードパーティだけではなく、任天堂さんといったハード販売をする企業とも提携していますし。

海外でもUbisoftさんやアクティビジョン・ブリザードさんの大株主でもあり、Epic Gamesさんの親会社でもあります。

とにかく、世界中の企業が、中国市場に参入するために提携したためか、

売上高が世界一のゲーム会社

とまで成長しました。

gafam.png

ちなみに、世界5大企業として知られるGAFAMと言われている5社がありますが。

テンセントさんの時価総額は、すでにフェイスブックを超えているみたいですな・・・となると、GAFAMTみたいになる日が来るのかな?(笑)

とまあ、テンセントさんという企業はこんな感じで、今は中国市場参入への仲介的な立場になっているほか。

子会社化することで自社タイトルとしての拡大もしていっているみたいですな( ・`ω・´)


SPONSORED LINK


マーベラスがテンセントの傘下に

ということで本題に戻りまして・・・テンセントさんにはImage Frame Investmentさんという子会社があるそうですが。

そのImage Frame Investmentさんとマーベラスさんが資本業務提携・・・そのため、テンセントさんの傘下になることとなります。

www.release.tdnet.info
https://www.release.tdnet.info/inbs/140120200525423772.pdf
https://www.release.tdnet.info/inbs/140120200525423772.pdf

マーベラスさん的には、これからは5Gなどの高度な技術やニーズの多様化が一層求められるということで、

投資

が膨らむと考えているみたいで。

今回のテンセントさんの子会社と資本業務提携を行うことで、大型投資を可能にするみたいですな。

その大型投資によって、新規IPの開発、また事業拡大を行なっていくとのこと。

また、テンセントさん的には、グローバル展開ができる新規IPの開発のほか。

日本らしいユニークな文化を基にして、新たなビジネスモデルを構築していく・・・という資本業務提携となるみたいです。

なんか、日本の技術がどんどん吸収されている気がしますが・・・でも、マーベラスさんにとってもこれが現状のベストだと考えているなら、仕方がないですな(;´∀`)

牧場物語シリーズなどで知られるマーベラスさん、今後どういった動きをしていくのか気になりますね。

あとがきっくす

中国の動きがこっちでなかなか見られないから、提携といってもどんな感じなのかわかりませんな(;´∀`)

これからもまだまだテンセントさんと提携していく企業は増えるのかなぁ?

なんか寂しい気もしますが、今後も面白いゲームを開発し続けるためには仕方ないよね・・・。

-雑記
-, , , ,

Copyright© レトロゲームたちVS最新ゲームたち , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.