単なる一般人が気になった新作タイトルを紹介するブログ。たまにゲームプレイやレトロゲーム話もチラホラと。

レトロゲームたちVS最新ゲームたち

Google Stadiaの料金プランやタイトルが発表!Stadia Proは月額9.99ドル・・・だけれども、タイトルは別売りのものも多々ありそう。

投稿日:

ふむ・・・流石にすべてのゲームが遊び放題になるってわけではなかったね(;^ω^)

Googleさんのゲームストリーミングサービス、「Stadia」の料金プランやタイトルが発表されましたね!

日本は2020年ごろにサービス開始らしいですが・・・まあ、個人的には「乗り換えよう!」ってほどでもないかな(笑)


SPONSORED LINK


Stadiaが日本を除く14カ国で11月よりサービス開始・・・Stadia Proは月額9.99ドル

さて、「Stadia」のサービス開始についての発表がありましたが・・・残念ながら日本が含まれていませんでしたね(;^ω^)

これは日本の法律の問題があるから後回しなのかわかりませんが、日本だけ2020年にサービス開始予定で。

2019年11月には欧米14か国で開始されるそうです。

で、肝心な「Stadia」の料金プランが明らかになりまして、今回Googleさんは、

Stadia Pro

と呼ばれるサブスクリプションサービスを発表していましたな。

月額9.99ドル・・・日本円だと1,000円ちょっとの料金で、4K/60fps、5.1chサラウンドに対応したタイトルを、プラットフォームを気にせずに遊ぶことができるわけですな。

もう一つ、「Stadia Bass」というプランも発表されましたが、ソレについては後から説明するとしまして。

グラフィックやサウンドなども余すことなく楽しみたいならば、Stadia Proに加入する必要が出てきます。

ちなみに、回線速度は35Mbpsを推奨していますので、もし外でスマホを使って遊ぶ使い方をする人は、そこも考慮したほうがいいでしょう(・∀・)

5Gのサービスが開始したらその問題もなくなるのかな?


SPONSORED LINK


「Stadia Founder’s Edition」というパッケージの予約が、対象国で開始

日本ではまだ予約開始されていませんが、「Stadia Founder’s Edition」というパッケージも発売されるみたいですね(・∀・)

この「Stadia Founder’s Edition」では、

「Stadia Pro」3か月使用権2人分
専用コントローラ「Night Blue Stadia Controller」
「Chromecast Ultra」
「Destiny 2: The Collection」
Stadiaのユーザーネームをチョイスする権利

が同梱されているそうです。

価格は129ドル・・・日本円だと14,000円くらいになりますな。

ちなみに「Chromecast Ultra」自体が9,700円くらいなので、まあ、こんなもんかなと(笑)

とりあえずテレビがあるならば、これを買うだけで「Stadia」を始めることができます(・∀・)

勿論、PS4やXBOXONEなどのコントローラも使用できますし、PCやタブレットなどでやるつもりの人は「Chromecast Ultra」などの端末も不要で遊べます。

ただ、Googleさんのコントローラーがどんなものなのかは、ちょっと気になりますね!


SPONSORED LINK


Stadiaにて「ディビジョン2」や「ボーダーランズ3」などが発表・・・されたけれども?

そして、Stadiaで遊べるタイトルですが、現状、以下のものが発表されています。

DRAGON BALL XENOVERSE 2
DOOM Eternal
Wolfenstein: Youngblood
Destiny 2
Power Rangers: Battle for the Grid
Baldur's Gate 3
Metro Exodus
Thumper
GRID
SAMURAI SHODOWN
Football Manager 2020
Get Packed
The Elder Scrolls Online
The Crew 2
The Division 2
Assassin's Creed Odyssey
Ghost Recon Breakpoint
Trials Rising
NBA 2K
Borderlands 3
Farming Simulator 19
Mortal Kombat 11
Rage 2
FINAL FANTASY XV
Gylt
Tomb Raider Trilogy
Darksiders Genesis
Just Dance

とまあ、なかなかに楽しめるタイトルが揃っていますね(・∀・)

「えっ!じゃあ、Stadia Proに加入すれば、これが遊び放題なの!?」って思うかもしれませんが・・・残念ながらそれは違いそうで(笑)

この中に、遊び放題のタイトルもあるかもしれませんが、公式ページのリストの最初の方に

「These games and more available for purchase on Stadia」(これらのゲームは、Stadiaで購入できるゲームの一部)

と書いてあることから、購入する必要があるタイトルもありそうです。

というより、流石に新作タイトルは購入するという形になりそうですな(;^ω^)

ただ、購入したタイトルも、Stadia Proに加入していることで、4K/60fpsなどに対応するという感じでしょう。

でまあ、話を後回しにしていた

「Stadia Base」

というプランもGoogleさんが発表していましたな。

この「Stadia Base」は、Stadia Proよりスペックが落ちる(1080p/60fpsでステレオサウンドをサポート)代わりに、無料で利用できるというものになっています。

「Stadia Base」は2020年に配信されるとのこと。

当たり前ですが、無料といっても、無料でゲームが遊べるわけではなく、ここで「タイトルを購入する」という必要が出てくるのでしょうね(;^ω^)

まあ、流石にすべてを遊び放題にするということはできませんでしたが、新作タイトルが他のプラットフォームよりも安く販売されるとかになったら、それはそれで売れるかもですね!

あとがきっくす

ということで・・・まあ、任天堂さんやマイクロソフトさんが驚異じゃないと言っていたのもなんとなくわかりますな。

まあ、販売されるタイトルの価格次第ですが、そこまで「すげぇお得!」っていうわけでもないかなと(;^ω^)

とはいえ、触ってみないとわからない部分はあると思いますので、1度は体験しておこうかな・・・2020年ですが(笑)

-Stadia
-, , , , , , ,

Copyright© レトロゲームたちVS最新ゲームたち , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.