PS VR2の公式サイトがオープン!本体デザインはまだ未公開だけれども、改めて特徴がまとめられているよん!

vr2kon.png

これはすげぇ!って体験ができるのか楽しみ・・・その前にまた転売が影響するんだろうけれども(;^ω^)

ちょっと前に、スペックや特徴が明らかになった

PS VR2

ですけれども、そのPS VR2の公式サイトがオープンしましたぜ(・∀・)

本体デザインはまだ明らかになっていませんが、PS VR2の特徴がまとめられているので改めて確認してみましょ。


SPONSORED LINK


PS VR2はPS5と同じく「没入感」を強化

さて、今年初めくらいに、正式な情報が公開されたPS VR2。

本体デザインなどは公開されませんでしたが、ちょっとしたスペックや特徴は明らかになりましたね(・∀・)

今回、そのPS VR2の公式サイトがオープン・・・改めて特徴についてまとめられていたので、さらっと確認をしてみましょ。

まず、最近のSIEさんというと

没入感

を強化していますよね?

ps5dyuaru.png

PS5ではデュアルセンスというコントローラーを生み出し、ハプティックフィードバックやアダプティブトリガーという技術でリアルな感触を楽しませ。

3Dオーディオにより、手軽に臨場感も楽しめるなど、とにかく、よりリアルに近づける試みをしていますが。

PS VR2も、その「没入感」を第一に作られているみたいですよね(・∀・)

ヘッドセットは、前機種PS VRの4倍以上の解像度を持つ

4K HDRディスプレイ

を採用。

より鮮明に、リアルに映像が描写されるため、明らかに「ゲームだな・・・」という気持ちになりにくくなるのかなと。

また、

Tempest 3Dオーディオ技術

を採用することで、VR空間での自分の位置、または頭がどの方向を向いているかが音にも影響するとのこと。

キャラクターが耳元で囁いた声だったり、これは味方の足音だ!というのがわかるくらい、リアルな音を楽しめるみたいですぜ( ・`ω・´)

tokaibotu.png

ほかにも、ヘッドセット内にモーターが内蔵されているため、ゲーム内のアクションに応じたフィードバックも体感可能。

頭の近くにモノが通過したときの風圧?みたいなものとか、キャラクターの脈拍などを感じ取れるみたい。

最後に

視線トラッキング

もPS VR2で採用。

プレイヤーの視線に合わせて解像度を自動調整してくれるだけではなく。

その視線の方向をゲームに反映することも可能に・・・例えば、視線でYES、NOを選んだり。

または、ちょっと右をみたいなーと思ったときに、右に振り向くのではなく、右に視線をずらすだけで済んだり・・・といった楽しみ方ができるのかなと!


SPONSORED LINK


スペックアップだけではなく、装着感も快適に

とまあ、より没入感が高くなるらしいPS VR2ですが。

そういった直接遊びに関する改善だけではなく、

装着感

も色々と改善されています。

kebur.png

例えば、ケーブル・・・残念ながら完全なワイヤレスとはなりませんでしたが。

前機種であるPS VRみたいに、ユニットが必要だったり、複数の配線がごちゃごちゃすることはなく、

USB-Cケーブル1本

をPS5とつなぐだけで、遊ぶことができます。

また、ヘッドセットに

インサイド・アウト・トラッキング

を採用したことで、PS Cameraのような外部カメラも不要。

ヘッドセットだけでプレイヤーの向きや距離感などを検知することができるようになるみたいです(・∀・)

あとは、ピント・・・前機種PS VRでは、目とヘッドセットの距離を変えることで、なんとなくピント調整をしていましたが。

PS VR2は

フレネルレンズ

を採用し、レンズを調整してピントを合わせることができるみたいですね。

どこまで細かく、また、片目ずつ調整できるのかまだわかりませんが。

おそらくPS VRよりもしっかりとピントを合わせることができるのでしょう( ・`ω・´)


SPONSORED LINK


センスコントローラーについても改めて

最後に、PS VR2のコントローラーとなる

センスコントローラー

についても改めて復習しておきましょ。

sennsukonn.png

まず、センスコントローラーは

オーブ型

を採用・・・このオーブの形をしている部分がなんの意味があるのかはわかりませんが(;^ω^)

ただ、手の動きを邪魔することはなく、しっかりとフィットするような形状となっているそうです。

また、PS5のデュアルセンスに搭載された特徴であるアダプティブトリガーやハプティックフィードバックもセンスコントローラーに採用。

道具を作っているときの感触だったり、ゲーム内の状況に応じた抵抗を感じることがで切るようになっています。

ボタン関係は従来のアナログスティックや方向キー、アクションボタンのほか、

グリップボタン

を搭載・・・これにより、モノを掴むといった動作なども楽にできるのでしょう。

gurippuko.png
更に、

フィンガータッチ

という、ボタンを押さなくても、触れるだけで指を認識してくれる機能も搭載。

ボタンを押す!という行動も不要になり、より自然な操作もできるみたいですな( ・`ω・´)

とまあ、コントローラーも色々と改善されているPS VR2。

本体デザインや、どういった体験ができるのか・・・続報が楽しみですな!

あとがきっくす

お金が無いので、他の機器との比較ができないのですけれども(;^ω^)

Vive Proとか持っている人は、別にこっちで良くね?っていう感じなのかな?

それとも、PS VR2はPS VR2で別の楽しみができそうだな!という感じなのかな?

VR空間を見渡すとか、ちょっとした動きができるというのは、もう大抵のVR機器で楽しめるでしょうし。

そこからどれだけリアルな体験を楽しめるようになったのか、そこが気になるところですな!

-PlayStation VR2
-, , , , , ,

© 2022 レトロゲームたちVS最新ゲームたち Powered by AFFINGER5

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。