PS5が5,500円ほど「値上げ」に。物価上昇などの影響による判断とのこと・・・ゲーム機の値上げって初なのかな?

ちょっと前にPS VR2の発売時期、先日はDualSense Edgeと、立て続けになにかしら発表されていましたが・・・今回の発表の前に興味を持たせたかった意味合いもあったのかな(;^ω^)

世界的に物価上昇が起きていることもあって、国内でもいろんなモノが値上がりしていますが。

SIEさんのPS5

値上げ

することを発表しました。

価格の改定は2022年9月15日から行われるとのこと・・・それにしても、

ゲーム機の値上げ

って初めてな気がしますな。


SPONSORED LINK


PS5が5,500円ほど「値上げ」に

ps5neage.png

さて、突如と発表されたのが、PS5の値下げ・・・ではなく

値上げ

の発表でしたね。

最近、国内でも色んなモノが値上がりしていますが、これは企業も同じで。

部品などが値上がりしたことで、今まで以上にPS5の製造コストが上がってしまったのでしょう。

おそらく、普通に売っても赤字になる価格で売っているはずなので、そこから更に赤字が膨らむというのは避けたい・・・という感じなのかな?

ということで、2022年9月15日より価格が改定され、

PS5 通常版:改定前 54,978円(税込) → 改定後 60,478円(税込)
PS5 デジタル・エディション:改定前 43,978円(税込) → 改定後 49,478円(税込)

と、5,000円ほどPS5が値上がりするみたいですね。

5,000円の値上げは結構痛いところですが・・・ただ、まだこの性能をこの価格で購入できると考えたら、SIEさんも頑張っているんだろうなという気持ちになるかな?

この情勢を見ていると、本当はもっと値上げしたいんじゃないかなと思っちゃいますし(;^ω^)


SPONSORED LINK


ゲーム機の値上げってなにげに初?

とまあ、世界的に物価上昇していることもあり、今回の値上げも仕方がないように思いますが。

ただ、今まで

ゲーム機が値上げする

ってことは、記憶にないなと・・・。

付加価値がついたり、上位機種になったりで値上げする事はあるかもですが。

そのままの状態で値上げするということはほぼなく、むしろ時間が経つことで製造コストが減り、値下げすることのほうが普通の状態でした。

ましてや、PS5は品薄状態・・・そんな状態で値上げするとなると、まだ持っていない人から反発がくるのは必須。

それでも値上げに踏み切ったというのは、相当異常な状況なんだろうなと思ってしまいますな・・・。

ちなみに、今回の値上げは日本だけではなく、欧州や中東、カナダなどなど他の国も値上げになるのですが。

米国は値上げしないみたいですね( ´ー`)

ただ・・・これは米国を贔屓しているわけではなくて、米国のPS5価格は元々、

499ドル / 399ドル

ということで。

例えば、通常版499ドルを今の日本円に換算すると68,000円ちょっとになります。

なので、逆に今の為替レートだと、日本で購入したほうが安いんですよね(;^ω^)

これを悪用して、今の転売屋は日本でPS5を安く手に入れて米国などに売る・・・ということをやっているみたいですが。

今回の値上げでそれも難しくなる・・・のかな?

欲しい人にも痛い値上げですが、この値上げにより転売されにくくなる可能性もあるかもですし。

ちょっと値上げ後の様子を見てみましょ。

あとがきっくす

ということで今回のまとめ・・・

・PS5が5,500円ほど値上げに
・PS5 通常版:改定前 54,978円(税込) → 改定後 60,478円(税込)
・PS5 デジタル・エディション:改定前 43,978円(税込) → 改定後 49,478円(税込)
・今回の値上げにより米国の小売価格に近づいた
・欲しい人にも痛い値上げだが、転売もどうなるのか気になるところ

という記事でした。

ホリデーシーズンに間に合うように生産しているような話が出ていましたが。

仕方がないとは言え、その時は値上げした価格で購入することになるのですね(;^ω^)

なんだかんだで、PS3が発売されたくらいの価格に近づいてきましたが・・・これで国内はどれくらい売れるのか気になりますな。

-PlayStation5
-, , , , , , ,

© 2022 レトロゲームたちVS最新ゲームたち Powered by AFFINGER5

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。