2022年度のPS5販売台数は1800万台を計画!でも2024年まで半導体不足が続く話が出ていたけれども・・・?

ふーむ・・・まだまだ当たり前には購入できない日々は続きそうですね(;^ω^)

ソニーさんが、2022年3月期の決算を発表していましたね。

営業利益が過去最高になるなど、今年度は順調に売上を伸ばしたみたいですが。

その中で、

PS5販売台数

についても言及されていたのでご紹介を。

ただ、半導体不足は続くみたいですし、予定通りにはいかなそうな気がしますな・・・。


SPONSORED LINK


2021年度のPS5の販売台数について

さて、2020年11月にPS5が発売されて1年半ほど・・・まだ手に入りにくい状況が続いていますが。

2021年度のPS5の販売台数はというと

1150万台

となったそうですね。

これが多いのか少ないのかといったらわかりませんが・・・ただ、当初の目標は

1480万台超

とのことで、下方修正したあとの販売台数の結果となりました。

ちなみに、国内だけを見ると、2021年9月の時点でのPS5の累計販売台数は

100万台

だったそうで、世界累計販売台数の1割にいくかいかないかくらいだったみたい。

しかも、月が経つにつれてドンドン販売台数が減っていき、2021年12月では、

1919台ほど

しか国内で販売されなかったとか・・・そりゃあ手に入らないよね(;^ω^)


SPONSORED LINK


2022年度は1800万台を計画・・・でも半導体不足は2024年まで続く?

とまあ、2021年度のPS5の販売台数はそんな感じだったのですが。

じゃあ、2022年度のPS5販売台数の目標はというと

1800万台

を計画しているそうですな(・∀・)

2021年度に比べてかなり増えるわけですが・・・ただ、やっぱり半導体不足は気になるところ。

以前、Intelさんが

2024年まで半導体不足は続くかも?

と考えられるような話をしていたことを紹介しましたが。

この状況が続くならば、2022年度の目標である1800万台も厳しいと思っちゃいますよね(;^ω^)

ただ、ソニーさんの話では、

調達の目処がたった部材をもとに算出した数値

とのことなので、とくに問題がなければこの結果になるのかなと。

ちなみに、ソニーの副社長、CFOである十時裕樹さん曰く、2022年度に1800万台販売しても

需要を満たせるわけではない

とのこと。

また、在庫も足りていないとのことなので、2022年度も普通に購入するということは難しいのかなと・・・特に日本では(;^ω^)

とはいえ、これからの世界の状況がどうなるのかはエスパーでないとわかりませんし、改善されることを期待して待ってみましょ。

あとがきっくす

それにしても、去年末は2000台ほどしか販売されていないことに驚き(;´∀`)

海外では減少することなく販売されているみたいですから、やっぱり日本は後回しになっているのでしょうね・・・。

2022年度もおそらくそうなりそうですけれども、もう少し手に入りやすくなるのかなー・・・?

-PlayStation5
-, , , , , , ,

© 2022 レトロゲームたちVS最新ゲームたち Powered by AFFINGER5

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。