PS5のマイナーチェンジ版「CFI-1200」の変更点が明らかに?パーツ類が小型化、消費電力も少なくなったとか。

mainatyennps5.png

そういえば、日本では9月15日ごろから発売されるんでしたっけ??

PS5のマイナーチェンジ版となる

CFI-1200

ですけれども、海外YouTuberの方が変更点を紹介したみたいですな(・∀・)

性能や本体サイズなどは変わっていませんが、消費電力が減ったのはちょっとうれしいかも?


SPONSORED LINK


PS5のマイナーチェンジ版「CFI-1200」について

その前に、PS5のマイナーチェンジ版となる

CFI-1200

についてちょっと復習してみましょうか。

CFI-1200は、SIEさんから正式発表されているわけではなく、小売店のPS5販売ページにて明らかになった新たな型番のPS5。

外観では特に変更点は見当たらないため、本体の中身がちょっと変更されたマイナーチェンジ版だと言われていましたな(・∀・)

この型番「CFI-1200」のPS5は、GEO Onlineだと

2022年9月15日

より発売されるとのことで、5,500円ほど値上げされる日と同じ時期に発売となります。

マイナーチェンジしているのに値上げ?!と思う人もいると思いますが。

もしかしたら、生産しやすくするためにコスト高めのパーツを使っているかもしれませんし、なんとも言えないところですな(;^ω^)


SPONSORED LINK


型番「CFI-1200」のPS5は、前モデルよりも軽量化

そんなマイナーチェンジ版となる型番「CFI-1200」のPS5ですが・・・オーストラリアなどの一部の国ではすでに出荷されているそうで。

早速、海外YouTuberであるAustin Evansさんが変更点について検証したそうですな(・∀・)

この方は、以前のモデルチェンジである「CFI-1100」のときも検証していた方ですな。

まず、ざっくりとした変更点としては

前モデルよりも200〜300g軽量化

したみたいですね。

前モデルとなる型番「CFI-1100」のPS5は、

通常版:4.2kg
デジタルエディション:3.6kg

という重さだったのに対して、今回の型番「CFI-1200」は、

通常版:3.9kg
デジタルエディション:3.4kg

となるみたいですね。

ちなみに、初期のPS5である型番「CFI-1000」は

通常版:4.5kg
デジタルエディション:3.9kg

でしたので、マイナーチェンジするごとに200〜300gずつ軽量化されていますね。


SPONSORED LINK


基板面積は小さく、ヒートシンクも小型化

じゃあ、なんで300gくらい軽くなったのかということで、今回もAustin Evansさんが分解をして検証しています。

まず、白いカバーを開けた段階の変更点はこんな感じ・・・すぐに違いがわかりますな(;^ω^)

sirokaba.png

CFI-1200は、今までの基板サイズよりもだいぶ小さくなっているのがわかりますね。

また、今までは小さな緑の基板が見えていましたが、そこらへんもほぼなくなっています。

ちなみに、画像内の本体右上はヒートシンクの部分ですが、CFI-1200は板金自体も削られて、むき出しのような形になりました( ´ー`)

ここで内側を見てみると、こんな感じに。

hitosinn.png

CFI-1100に比べてヒートシンクが小型化、更にパイプが追加されている事がわかりますね。

ヒートシンクがむき出しになったり、パイプが追加された分、小型化しても冷却性能は落ちないってことなのかもですな(`・ω・´)

ただ、今までのPS5は、CMOS電池が見える位置にありましたが。

CFI-1200では、よーく見るとヒートシンクの下に隠れるように存在しています・・・なので、もし電池交換が必要になった場合は、ヒートシンクを取り外す必要が増えたみたいですね(;^ω^)


SPONSORED LINK


今回の型番「CFI-1200」は消費電力も減少?

最後に、

消費電力

についても検証していましたので、そちらをご紹介。

asutoro.png

今回Austin Evansさんは、「ASTRO’s PLAYROOM」をプレイして消費電力を計測。

その結果、初期モデルであるCFI-1000は、

約218W

になったのに対して、1回目のマイナーチェンジ版PS5であるCFI-1100は

約229W

と増加(;^ω^)

じゃあ、新しいPS5であるCFI-1200はというと

約201W

と、どの型番よりも消費電力が少ないという結果になったみたいですね。

なんでCFI-1100が上がったのかわかりませんけれども・・・とりあえず、今からPS5を買うという人は、今までよりも消費電力を気にせずプレイできるのかなと。

まあ、ゲームをプレイしている人はあまり電気代を気にしていないのかもしれませんが・・・少しでも電気料金が減ればありがたいでしょう(笑)

ただ、この消費電力の測定に関しては、まだ不安要素があるとのことなので、参考くらいに考えておきましょ。

あとがきっくす

ということで今回のまとめ・・・

・マイナーチェンジ版PS5である「CFI-1200」の変更点が明らかに?
・CFI-1200の重さはCFI-1100よりも200〜300g減少
・内部では、基板や板金部分が小さく、ヒートシンクも小型化している模様
・CFI-1200は、CMOS電池がヒートシンクに隠れる形に
・消費電力は約201Wと、CFI-1100よりも20〜30Wほど減少?

という記事でした。

このマイナーチェンジでどれくらい作りやすくなったのか気になるところですな。

おそらく、これでも日本での供給不足は解消しない気がしていますが・・・年末近くになったら当たり前にお店に並んでいるという状況が早くみたいですね(;^ω^)

発売されてから全然お店に並ばない機種・・・本当、不思議な世の中になりましたな。

-PlayStation5
-, , , , , , ,

© 2022 レトロゲームたちVS最新ゲームたち Powered by AFFINGER5