もしSIEが今「新型PSVita」を投入していたらどうなる?海外メディアが「PSVita」の復活を熱望。

psvita.png

個人的には今でもたまに遊ぶんですけれどもね・・・結構、本体サイズとかボタンの押しやすさとか好きです(;^ω^)

海外メディアのEngadgetさんにて、

ソニーは「PSVita」を殺すべきではなかった

という記事が公開されて気になったのでご紹介。

でも本当、どうやったらうまく続いていたのかな・・・?


SPONSORED LINK


何故「PSVita」は死んでしまったのか

今回、Engadgetさんにて記事を執筆したのは、J. Condittさんという女性の方。

この方はPSVitaが大好きで、よく「Murasaki Baby」や「ペルソナ4G」などをプレイしていたそうです・・・が。

そのPSVitaをソニーが殺しちゃった・・・という冒頭から始まっています(;^ω^)

tietyann.png

で、なーんでPSVitaが死ななければならなかったのかな?と長年疑問に思っていたそうで。

その疑問に対して自分なりに分析し、もし今でもPSVitaが残っていたらどうなるんだろ?ということを、今回の記事にしたみたいですな

まず、ここ数年の携帯ゲーム市場はというと、任天堂さんはニンテンドースイッチという据置機にも携帯機にもなるゲーム機を発売し、今でも安定した人気に。

マイクロソフトさんは、携帯ゲーム機は発売していないものの、クラウドゲーミングによりスマホやタブレットで遊べるように開拓。

更に、Valveさんは「Steam Deck」という新たな携帯ゲーム機を発売したわけで、結構この携帯ゲーム市場はホットだったりしますが。

steamdec.png

そんな中、大手の中で唯一、

SIEさん

だけが携帯ゲーム市場にうまく入れていない状態だったりします。

言われてみると、PSVitaは一旦置いておいて、スマホなどもうまく活用できていない気がしますな(;´∀`)

という現状もあり、J. Condittさんは

今こそ投入しないでどうすんの!?

という気持ちっぽいですね(笑)

もちろん、他の企業に合わせて携帯ゲーム機を出せ!ということではないみたいですが。

やっぱり今でも

新型PSVitaが欲しいな・・・

と思っているみたいですな(;^ω^)


SPONSORED LINK


もし今「新型PSVita」が投入されたらどうなる?

psvitaki.png

PSVitaという機種は、携帯ゲーム機としては文句はないスペックでしたし。

良いか悪いかは別として、ジャイロセンサーや背面タッチパネルなど、新たな楽しみ方が出来ましたし。

個人的には、発売されたタイトルもそこまで悪くはなく、PS4のリモートプレイもできてよかったと思うのですが・・・。

確かに、日本人が楽しめるゲームは多いんですけれども、海外で楽しめるゲームが少なかったのもあって、海外での売れ行きが芳しく無く。

また、ソニーさんの大好きな

独自規格

のメモリーカードを結構な高値で販売したことも、人が離れた原因だったりしますな。

psviotame.png

あとは、ライバルだった任天堂さんの3DSが化け物みたいな人気になったことも重なりまして。

SIEさんもイチ企業ですから、先はないと判断したら切る選択をするわけですが。

J. Condittさんの中では、当時のSIEさんはいろんなことに手を広げすぎて、

PSVitaに注力できていなかったのでは?

と考えたみたい。

sabusuku.png

例えば、PSNやPSPlusといったオンラインサービス関係とか・・・確かに当時は、それらオンラインサービスも色々と拡充していた時期でしたね。

まあ、結果的にここが今のSIEさんの稼ぎ頭になっているのですが。

ただ、そのオンラインサービスで売上を伸ばしながら、最近はハードウェアをアップデートすることだったり、ファーストパーティタイトルを固めていくことだったり。

PSPlusやストリーミングなどといったサービスは、特に真新しいことではなかったりと、

実験的なことをすることがなくなったよね

とJ. Condittさんは言っています。

まあ、PS VRが実験的な感じではあるのですが・・・PS VRはかっこいいけれども、PSVitaほど影響力はないらしいです(;^ω^)

ただ、そういう見方をしてみると、確かに安定に走っているように見えなくもないですな。

vitavita.png

とまあ、色々と熱弁をしている記事になっていましたが。

携帯ゲーム機市場がホットな現在、もしも新型PSVitaが投入されて。

PS5との連携やストリーミング、また、様々な開発者と手をとることができたら、PSVitaの未来はどうなっていたのか。

J. Condittさんは、それを想像してみてほしいみたいですな。

そしたら、マイクロソフトさんが企業買収をしている中、SIEさんはPSVitaを通じて小規模ディベロッパーともユニークなコラボを実現し。

そんで、独占的な作品をより多く獲得することができるんじゃないか・・・と考えているみたいです。

まあ、タラレバの話ではありますが、実際のところ

どうやったらPSVitaって生き残ったのかな?

と思うことはありますな。

もっと面白いソフトがあったらまた違ったのか、それともサービス的な連携が強ければもっと売れたのか。

広告にもっと力を入れたらよかったのか・・・何がベストだったんでしょうね(;^ω^)

個人的には、今新型PSVitaが出てもな、と思う気持ちのほうが強いですが。

PSVita自体はいい機種だと思っているので、今後も遊び続けたいなと思います。

あとがきっくす

面白いゲームは多かったのですが、万人受けするゲームは少なかったですもんね(;^ω^)

スペック的には海外ウケしそうなハイクオリティなゲームも動いたはずなのに、発売されるのは日本人向け作品が多かった・・・けれども。

その日本人向け作品も、特定の人にしか響かない作品が多かったので、日本も海外もどっちつかずな感じになったのでしょうね。

もしモンハンが発売されていたら、もう少し生き残っていたかもしれませんが。

それでもし新型PSVitaを作ろう!となったとしても、おそらくハイスペックを目指す方向に行くでしょうし、そうなるといずれ、ニンテンドースイッチに押されて潰されていたのかなと。

面白い機種ではありましたが、今発売してうまく活用されるのかはちょっと謎ですね。

-PlayStation Vita
-, , , , ,

© 2022 レトロゲームたちVS最新ゲームたち Powered by AFFINGER5