「スーパーマリオRPG」の続編開発に意欲?リメイクとかでも嬉しい人はいそうだよね。

omoroi.png

あのコミカルな雰囲気も楽しかったよね(・∀・)

マリオRPGシリーズの元祖、

スーパーマリオRPG

について、当時ディレクターを務めていた藤岡千尋さんが

続編を作りたい

というようなコメントをしたそうですな( ・`ω・´)

実際のところ難しいかもしれませんが・・・世界的にも人気作品となっている1つですからね。

続編じゃなくても、リメイクでも嬉しい人は多そうですな!


SPONSORED LINK


マリオRPGシリーズの第1作目「スーパーマリオRPG」とは

さて、最近ではマリオ&ルイージRPGシリーズとして発売されているマリオRPGシリーズですけれども。

その一番最初の第1作目が

「スーパーマリオRPG」

でしたな(・∀・)

「スーパーマリオRPG」は1996年に発売された作品で、

海外でも通用するRPGを作りたい

ということで、世界的人気キャラクターである任天堂さんのマリオと、RPGのノウハウを多く持つ当時のスクウェアさんが共同開発したのが始まり。

結果、国内だけではなく海外でも名作ゲームランキングに上がるほどの作品になったわけですが。

この「スーパーマリオRPG」のいいところは、ちゃんとマリオの世界観は残っており、ちゃんとRPG要素も作り込まれているという、バランスの取れた作品だったということ。

tekikyara.png

まず、マリオシリーズとしてのアクション性はしっかり残っており、フィールド上はただ移動するだけではなく、ジャンプを使って飛び回ることも可能。

そのジャンプも移動のためだけではなく、何かの上に乗るとイベントが起きたり、敵を踏んづけることで先制攻撃ができたり・・・といった要素があったりします。

また、「スーパーマリオRPG」はシンボルエンカウント方式を採用しており、てくてく歩いているクリボーなどにぶつかると戦闘が始まるのですが。

フィールド上に存在するスターを取得すると、いつもどおり一定時間無敵となり、それで敵に体当りすれば、

戦闘をせずに経験値を得る

という、当時のRPGとしては斬新な要素もあったりします。

ちなみに、裏技を使えば、このスターを活用して経験値荒稼ぎもできたりしましたな(笑)

senntou.png

他にも、武器が「ハンマー」や「ワンワン」だったり、アイテムが「スーパーキノコ」や「ヨッシーのクッキー」だったり。

スペシャル技・・・いわゆるスキルとして「ジャンプ」や「ファイアボール」が存在したり。

たまにコミカルなやり取りが発生したり。

とにかく、今のマリオにも通ずる世界観をしっかりと表現したRPGとなっているわけですな( ・`ω・´)

akusyonn.png

だからといってRPG要素も疎かになっているわけではなく、レベルアップ要素などは勿論存在し、いろんなキャラクターと好きなようにパーティを組むこともできますし。

いかにも、当時のスクウェアさんらしい「RPG」として、冒険や戦闘も楽しむことができました。

もちろん、今のマリオ&RPGシリーズがだめだ!というわけではなく、これはこれで面白い作品ではあるのですが。

当時のRPGのシステムが好きだという人は、「スーパーマリオRPG」のほうが入り込みやすい作品になっているのかなと思います。


SPONSORED LINK


「スーパーマリオRPG」の続編開発に意欲

とまあ、そんな「スーパーマリオRPG」ですけれども、2作目は「マリオストーリー」として、ニンテンドウ64で発売されましたな。

この2作目から当時のスクウェアさん開発ではなく、任天堂さんとその協力会社が開発する作品となっていきましたね。

sutori.png

「マリオストーリー」は、RPG要素は残っているものの「スーパーマリオRPG」みたく

マリオらしいRPG

ではなく

RPGらしいマリオ

という形となりまして。

万人が遊びやすい形に近づいたかわりに、当時のRPGらしいRPGが好きな人は「ちょっと違うかも・・・」という形となりましたな(;´∀`)

なので、今でも「スーパーマリオRPG」が好き!という声が多いのは、これなのかなと。

もちろん、「マリオストーリー」もかなり面白い作品ですので、ニンテンドースイッチオンライン+追加パックに加入している人などはプレイしてみては?

pepamari.png

で、「マリオストーリー」が生まれてからは、アクションアドベンチャーに路線変更したペーパーマリオシリーズと。

「スーパーマリオRPG」の流れを受け継いだマリオ&ルイージRPGシリーズに分かれて、今に至るわけですが。

ここから本題・・・MinnMaxというYouTubeチャンネルにて、当時スクウェア大阪開発部長で、「スーパーマリオRPG」のディレクターを務めていた

藤岡千尋さん

が、こんなことを話していたそうです。

「スーパーマリオRPG」の続編を「最後の一本としてちゃんと作りたい」

と。

ちなみに、現在の藤岡千尋さんは、坂口博信さんが手掛けたRPG「ファンタジアン」のプランナーを務めているそうで。

その藤岡千尋さんが、今までのキャリアで一番好きなゲームを聞かれ、「スーパーマリオRPG」と「トマトアドベンチャー」の2本を挙げたみたい。

その流れで、ディレクターを務めた「スーパーマリオRPG」について聞かれた藤岡千尋さんが、いろんな思い出話をしつつも、この

続編を作りたい

というコメントに至ったみたいですな。

ogyougi.png

ちなみに、「ちゃんと作りたい」と言うのは、マリオ&ルイージRPGシリーズのように、マリオとルイージが冒険するようなRPGではなく、

マリオが1人で冒険するRPG

を望んでいるみたい。

この「マリオが1人で冒険するRPG」というのが、「スーパーマリオRPG」のようにマリオが主役でパーティも組めるという形なのか。

それとも

完全に1人で進む

形なのかわかりませんが・・・アクションでのマリオは基本1人で問題解決していますからね(;^ω^)

もしかしたら、そういった部分も「ちゃんと作りたい」ってことなのかもしれませんな。

もちろん、開発が決まっているわけではなく、あくまで藤岡千尋さんが「作るなら作るぞ!」という意欲を持っているという形なのですが。

ただ、当時携わっていた方が発言すると、ちょっと気になっちゃいますよね(笑)

まあ、なかなか難しい話だとは思いますが、今後どういった動きになるのか楽しみですな(・∀・)

あとがきっくす

ちなみに・・・当時は任天堂さんとスクウェアさんの確執があって、FFなどの人気作品がプレイステーションに移ったと言われていますが。

「スーパーマリオRPG」の開発に携わった坂口博信さんは自身の会社を設立していますし。

下村陽子さんは、まだマリオ&ルイージRPGシリーズでつながっていますし・・・上手く話が合えば可能性はある・・・のかな?(笑)

まあ、あまり期待するのは難しいですが、気長に待ちましょ!

-雑記
-, , , , ,

© 2022 レトロゲームたちVS最新ゲームたち Powered by AFFINGER5

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。