「鬼滅の刃 ヒノカミ血風譚」のバーサスモードに関するPV動画が公開!操作はナルティメットストームっぽい?

グラフィックと動きの滑らかさは見ていて気持ちいいですね!

鬼滅の刃初のアクションゲーム「鬼滅の刃 ヒノカミ血風譚」には

バーサスモード

という対戦モードがありますが、その雰囲気がわかるPV動画が公開されましたぜ( ・`ω・´)

また、実機プレイ動画も配信され、そこで操作に関する情報も明らかになったみたいですね!


SPONSORED LINK


竈門炭治郎と竈門禰豆子の動きがわかるPV動画が公開

「鬼滅の刃 ヒノカミ血風譚」は、原作の追体験ができるソロプレイモードと。

2vs2の対戦ができるバーサスモードが実装されることが明らかになっていますが。

先に、バーサスモードに関するPV動画が今回発表されましたね!

まず主人公の竈門炭治郎・・・水の呼吸を使って技を繰り広げているのはもちろんのこと、もともと備わっていた石頭での攻撃もしていますな(笑)

今回の動画では水の呼吸で戦っている姿はわかりますが、

ヒノカミ神楽の呼吸

なども使えるのか気になるところ。

タイトルにも含まれているヒノカミ・・・どこかで登場するときはあるのかな?

そして、炭治郎の妹である禰豆子もバーサスモードに参戦。

鬼ならではの身体能力で戦っているほか、爆血を使用しているシーンも確認できますな( ・`ω・´)

こちらもまだバトルシーンの一部だけが公開されているので詳細はわかりませんが。

幼児化したり成人化したりするのかも気になるところですな!


SPONSORED LINK


バーサスモードの大体のゲームシステムについて

そして、声優さんたちが「鬼滅の刃 ヒノカミ血風譚」のバーサスモードのプレイする動画が配信されていましたが。

このプレイ動画から、バーサスモードの大体のゲームシステムが明らかになりましたな。

まず操作に関しては

ナルティメットストームシリーズ

をプレイしている人はすんなり入り込める操作方法になっているのかなと。

botannhito.png

誰でも難しい事を考えずにプレイできるように・・・を念頭に開発されている「鬼滅の刃 ヒノカミ血風譚」ですので、難しいコマンドは必要なく技や奥義を出していく事が可能。

なんなら、ある程度システムのことを覚えて適当にボタンを押していても楽しめると思いますので、あまりゲームをプレイしないけれども鬼滅の刃が好きな人でも遊べるのかな?

また、ゲーム画面はこんな感じで、ゲージ関係も確認できます( ・`ω・´)

gezi.png

体力ゲージの下には「技ゲージ」が存在し、技を使うことでゲージを20%消費。

このゲージがなくなれば技は使用不可になりますが、時間に回復はします。

今回はPS4版のプレイ動画でしたが、PS4版の場合は

・三角ボタン
・L3ボタンを押しながら三角ボタン
・R1を押しながら三角ボタン

で、技の種類を変えることができるみたいです。

ちなみに、通常攻撃も下押しながら、または上押しながらで別の攻撃が出るみたいですので、色々と試してみるといいでしょう。

wazanosyurui.png

技ゲージの隣にある曲線的なゲージは「共闘ゲージ」だそうで、このゲージを使用して共闘技やキャラクターチェンジなどが可能。

こちらも時間によって回復していくみたいですので、バンバン使用してうまく立ち回って回復させていきましょう(・∀・)

最後に、下側にあるのが「奥義、開放ゲージ」

これは攻撃与えたり受けたりすると上昇していくゲージで、ゲージが溜まったら最大3つまでストックすることが可能。

このストックを使用して奥義を使うことができるみたいですね!

開放に関してどんなことができるのかちょっとわかりませんでしたが、多分、一定時間能力がアップするみたいな要素なのかなと。

とまあ、今回はアニメ2周年番組に合わせて公開された動画で明らかになった情報ですので、細かいところはわかりませんでしたが。

今後公式情報も更新されていくでしょうから、改めて確認してみるといいでしょう!

あとがきっくす

ちなみに、いまのところバーサスモードに参戦するのは下図の5人。

kamad.png

今はまだ開発段階なのでこの5人しかいないんだと思いますが、流石に鬼殺隊のメンバーや敵側も数人登場してくれるでしょう( ・`ω・´)

今回はバーサスモードの情報が公開されたわけですが、ソロプレイモードの方も気になってきますね。

「ナルティメットストーム」や「ドラゴンボール カカロット」みたいに、街などを動き回ることができるのかな??

-PlayStation5, XBOX series X, Steam, PlayStation4, XBOXONE
-, , , , , , , , ,

© 2021 レトロゲームたちVS最新ゲームたち Powered by AFFINGER5