単なる一般人が気になった新作タイトルを紹介するブログ。たまにゲームプレイやレトロゲーム話もチラホラと。

レトロゲームたちVS最新ゲームたち

エピックゲームズが2019年にクロスプラットフォームの技術を無料提供!?Epic Games Storeのサービス開始といい・・・やばいな(笑)

投稿日:

Epikku

なんか、一気に覇権を取りそうな勢いですな(;^ω^)

つい最近、「Epic Games Store」というサービスを開始したエピックゲームズさんですが、今度は「フォートナイト」にも使われているクロスプラットフォームの技術

無料提供

しちゃうそうですぜ!?


SPONSORED LINK


エピックゲームズが2019年にクロスプラットフォームの技術を無料提供

やっとPS4版「フォートナイト」も他機種とのクロスプラットフォームに向けて動き出していますが。

エピックゲームズさんは、このクロスプラットフォームの技術を、2019年に無料提供する予定だそうです。

エピックゲームズさんの中では、

ゲームデベロッパーの成功を助ける

ということがゴールとなっており、先日サービス開始した「Epic Games Store」も、その一つ。

どの開発者でも一律88%の収益を得られるような仕組みが動き出しましたよね。

今度は、クロスプラットフォーム技術を無料提供することにより、多くのゲームデベロッパーの成功を目指そうとしているみたいですな(・∀・)

因みに、このクロスプラットフォームの技術は、エピックゲームズさんが提供しているアンリアルエンジンだけではなく、Unityなどの他のエンジン向けにも提供される予定とのこと。

Unity

なので、PS4やXBOXONE、ニンテンドースイッチ、PCだけではなく、スマホ向けに開発されたゲームをクロスプラットフォームに対応させる・・・なんてこともできるようになります!


SPONSORED LINK


他にもクロスプラットフォームで様々サービスを提供予定

3kisyu

また、ゲームだけではなく、例えば、クロスプラットフォームによるログイン情報やプロファイル、フレンドの管理などをできるようにしたり。

ゲームタイトルやゲームエンジンに依存しないログイン、フレンドのユーザーインターフェースを提供したり。

プラットフォームの垣根を超えて、ボイスチャットが可能になったり。

将来的には、プラットフォームを気にしないクラウドセーブや、実績・トロフィーの管理も可能にする予定みたいです・・・すげぇな(;^ω^)

因みに、信頼性に関しては、世界中の「Amazon Web Service」データセンターを主に使用することで、高信頼性と幅広い世界の提供を目指すとのこと。

Amaue

まあ、説明するのが難しいのですが、とりあえず、この無料提供によって、「クロスプラットフォームをやってみたいけれども、どうすればいいんだ!?」って、妥協していたディベロッパーもいるでしょうし、そういった人たちにはすごいありがたいでしょうな!

数ヶ月内にさらなる情報を公開するとのことですので、気になる人はしっかり見ておきましょう( ´ ▽ ` )

あとがきっくす

アンリアルエンジンといい、クロスプラットフォームの技術といい、Epic Games Storeというサービスといい・・・もうエピックゲームズさんのサービスから離れられなくなる時代が来そうですな(;´∀`)

何がすごいって、エピックゲームズさん以外のサービスでも、対応してくれているということ。

自社メーカーのタイトルだけ発売しますとか、とあるゲームエンジンを使ったタイトルだけしかサービスを提供しませんとか、そういったサービスはありますが、エピックゲームズさんの場合は、将来的にそこらへんを気にしないで利用できる形になるかもしれません。

はてさて、来年どうなるのか楽しみですね!

-PlayStation4, XBOXONE, ニンテンドースイッチ, PCゲーム, スマートフォン・タブレット, 雑記
-, , ,

Copyright© レトロゲームたちVS最新ゲームたち , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.