「Days Gone2(デイズゴーン2)」の開発を承認させる署名活動が活発化!開発ディレクターは「フルプライス(定価)で買ってくれたかどうか」が気になっている?

daysgo.png

まあ、言わんとすることはわかるね(;´∀`)

SIEさんが「Days Gone2(デイズゴーン2)」の開発を拒否したという情報が広まっていますが。

それに対して、

Days Gone2(デイズゴーン2)」の開発を承認させる署名活動

が活発化しているみたいですね!

でも、当事者である「Days Gone(デイズゴーン)」のクリエイティブ・ディレクター、John Garvinさんの気持ちはというと・・・?


SPONSORED LINK


「Days Gone2(デイズゴーン2)」の開発を承認させる署名活動

さて、ちょっと前にこんな噂が出ていること紹介しましたな。

この記事の情報元のBloombergさんの話では、「Days Gone(デイズゴーン)」を開発したベンドスタジオさんが、SIEさんに

「Days Gone2(デイズゴーン2)」

の話を持ちかけた結果、開発時間がかかり過ぎる、また、批評家からの評価が原因で拒否したと報道していました。

deizu.png

実際のところ、この話が本当なのかどうかはまだわからないんですけれども。

SIEさんが「Days Gone2(デイズゴーン2)」の開発を拒否した!という話が先行してか、

「Days Gone2(デイズゴーン2)」の開発を承認させる

署名活動が行われるまでになったみたいですね(;´∀`)

まあ、たしかに評価はパッとしない部分もあったのかもしれませんが、「Days Gone2(デイズゴーン2)」を待っている人もそれだけいるわけで。

現時点では、47,000人以上が賛同しているみたいですな。

Syomei

それだけ、続編を待っている人たちはいるわけですが・・・ただ、「Days Gone(デイズゴーン)」のクリエイティブ・ディレクターを務めたJohn Garvinさんの考えは、こんな感じみたいですね(;´∀`)


SPONSORED LINK


ローンチ時に買わなかったゲームに続編が出なくても文句を言わないで

署名活動は、現時点で5万人近くになっているわけですけれども。

でも、この中でローンチ時・・・つまり、

フルプライス(定価)

で「Days Gone(デイズゴーン)」を購入した人はどれくらいいるのか気になるところですよね?

自分はセールのときに購入した人間で、実はまだプレイしていませんが(;´∀`)

4月のフリープレイにも「Days Gone(デイズゴーン)」が配信され、それでプレイして興味を持って署名活動に参加している人もいることでしょう。

daysnakama.png

そんな中、海外メディアのインタビューにて、クリエイティブ・ディレクターのJohn Garvinさんがこんなコメントをしたみたいですね。

ゲーム好きなら、フルプライスで購入してくれ

と。

まあ、開発者目線で考えたら、そりゃあセールやフリープレイで手に入れられるよりは、フルプライスで買ってもらったほうがありがたいですよね(;´Д`)

しかも、それが開発スタジオの評価にもつながってくるでしょうし・・・。

ローンチ時に全然売れず、あとからセールやフリプで遊ばれて評価が高くなったとしても、結局のところ企業としては

売上につながらないと話にならない

部分もあるのでしょう。

多分、SIEさんが本当に拒否しているとなれば、そこが原因なんでしょうね。

daysgogo.png

そのため、John Garvinさんは

ローンチ時に買わなかったゲームに続編が出なくても文句を言わないで

とコメントをしたみたいですな。

でも、難しいところですよねー・・・ユーザー側も本当に遊びたいゲームだったらローンチ時に買うでしょうし。

このゲームは後回しにしよう!と考えているうちにセールやフリプが始まって、そういったサービスがあるなら利用しようかな?って思っちゃいますよね。

海賊版は論外だとして、小売店で安売りしているのを買うのも、確かに「貢献していない感」があるとして・・・。

SIEさんが公式に実施しているセールなどに関しては、わざわざ開発スタジオのために「フルプライスで買おう!」と考える人は少ないですよね(;´∀`)

というより、セールやフリプで遊んでもらえば、開発スタジオであるベンドスタジオさんの評価には大きくつながらないものの。

販売本数が増えました!という感じで、SIEさんとしての評価につながるんだろうね、多分。

だからSIEさんは、セールやフリプをバンバンやっているのでしょうな・・・それが開発スタジオ側にどう影響しているのかまではわかりませんが。

とまあ、個人的な考えも垂れ流しちゃいましたが、現実はこんな感じなんだろうなと考えされる話だと思いました。

daysgo.png

ちなみに、John Garvinさんは、上記のように不満なコメントもしているものの、でも

プレイヤーのゲームに対する愛着心の高まりはフルプライスより重要

ともコメントしているため、「Days Gone2(デイズゴーン2)」の署名活動などの動きについては嬉しい気持ちもあるみたいですね。

この署名の結果SIEさんたちがどう動くのか・・・今後の動きが気になりますな。

あとがきっくす

このインタビューにて、「God of War(ゴッド・オブ・ウォー)」はローンチ時に何百万本売れた、と引き合いに出していましたが。

でも、「God of War(ゴッド・オブ・ウォー)」は前評判があってのこの売上ですからねぇ(;´Д`)

他のタイトルだってそうですよね、アンチャーテッドシリーズだってPlayStation Studiosの傘下になる前の評価があるわけですし。

それを考えたら、初めて「Days Gone(デイズゴーン)」という作品を発売した結果、ローンチ時はイマイチでSIEさんにダメ出しされました・・・となるのは、ちょっと可愛そうだなと思う気持ちはあります。

まあ、開発スタジオの期待があるのはわかりますが、やっぱり1作目のローンチでドカンと売れるというのはなかなかない気がします。

もちろん、例外はあるでしょうけれども・・・それを毎回やれ!と言われても難しいんじゃないかなぁ?って個人的に思いましたとさ(;´∀`)

-PlayStation4, 雑記
-, , , , , , , ,

© 2021 レトロゲームたちVS最新ゲームたち Powered by AFFINGER5