単なる一般人が気になった新作タイトルを紹介するブログ。たまにゲームプレイやレトロゲーム話もチラホラと。

レトロゲームたちVS最新ゲームたち

VR内で歩き回ることができるサンダル型デバイス「Cybershoes(サイバーシューズ)」が話題に!クラウドファンディングで目標の5倍以上の金額を集めているとか!?

投稿日:

Saibasyu

なるほどねー、これだったら家の中でも気軽に使うことができそうだな!

VR世界の中で歩き回りたい!って思う人は結構いると思いますが、それを実現してくれるかもしれないデバイスが、キックスターターで話題になっています( ´ー`)

太ももや腹筋が鍛えられそうだな(笑)


SPONSORED LINK


VR世界で歩き回ることができればいいなを実現

Vrboda

まだまだ発展途上なVR技術。

現在は、基本的に視覚と手の位置でコンテンツを楽しむ形となっていますが、まだ自分がVRの世界にいるんだ!っていう感じではないですよね?

Vivezyosei

やっぱり、自分の足で移動してこそ、VRの世界にいるんだ!っていう気持ちにさせてくれるわけで。

それを実現しようと思った人たちが、結構前に「Omni」なる全身を使ってVR世界を楽しむことができる筐体を開発していましたが。

Omni

大きな施設だったらまだしも、流石にこれを家に置くことは難しいですよね(笑)

しかも価格は100万円くらいするみたいですし、お金も厳しい(;´∀`)

それでも、自分の足で移動したいって思っている人はいると思いますが・・・それが家でも手軽に遊べるようになるかもしれません。

てことで、キックスターターに

Cybershoes(サイバーシューズ)

なるデバイスのクラウドファンディングが行われ、話題になっていますぜ!


SPONSORED LINK


VR内で歩き回ることができるサンダル型デバイス「Cybershoes(サイバーシューズ)」

Cybershoes2

さて、今回キックスターターに登場したのは、サンダル型をしたデバイス、「Cybershoes(サイバーシューズ)」です。

このCybershoes(サイバーシューズ)は、上記のOmniのように大きな筐体があるわけでもないし、靴が滑るわけでもありません。

見た目はただのサンダルなわけですが、このCybershoes(サイバーシューズ)の使い方は、

椅子に座って足を浮かして動かす

というかなりシンプルな構造となっています( ´ ▽ ` )

Cybershoes(サイバーシューズ)の底面にローラーが存在し、足を動かすことでそのローラーが動き、その信号がVRに伝達される。

Cybershoes

実際に歩くわけではないので、壁にぶつかる心配もありません(・∀・)

目標金額は3万ユーロ(約339万円)だったみたいですが、現在、その5倍以上の金額が集まっているということで、期待が高まっています。

因みに、日本円で23,000円くらいを出資すれば、Cybershoes(サイバーシューズ)が手に入るみたい・・・そこまで高くないですな。

なんのゲームに対応しているのか、どこまで精度が高いのかわかりませんけれども、試してみたい人は検討してみるといいでしょう!

あとがきっくす

足が床に届かないくらい椅子を高くしてプレイすれば疲れないですけれども、わざと太ももを上げて、腹筋に力を入れてプレイすれば、かなり鍛えられそうですね(笑)

でも面白いですよね、Omniみたいな構造が必要なのかと思いきや、こんなシンプルな形でも遊べるようになるなんて(・∀・)

なんかこう、天井からぶら下がることができるハーネスとか発売されれば、立った状態でもプレイできそうですな。

でも、そこまで準備するとなると面倒か・・・これくらいがちょうどいいのかな?

-Vive, VRゲーム, 周辺機器
-, , , , ,

Copyright© レトロゲームたちVS最新ゲームたち , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.