単なる一般人が気になった新作タイトルを紹介するブログ。たまにゲームプレイやレトロゲーム話もチラホラと。

レトロゲームたちVS最新ゲームたち

海外の格闘ゲーム大会「ComboBreaker 2019」にて「ガフロコン」が使用禁止に。でもhitBOXは大丈夫・・・という、よくわからないレギュレーションが気になる。

投稿日:

Konbo

オレはプロになる人間ではなので、そこまで気にすることではないのですが・・・そんな物があるのかというお勉強のために(;´∀`)

最近、「hitBOX」というコントローラーが話題になっていますよね?

たまに梅原さんの動画を見たりしますが、その梅原さんも最近、hitBOXを使って練習していたことで認知度が高まったのかなと。

でまあ、そんなhitBOXが禁止されるとか、されないとか言われていましたけれども・・・今回アメリカイリノイ州にて開催された大型格闘ゲーム大会「ComboBreaker 2019」にて、特定のコントローラーの使用禁止が発表されました。

ただ、それはhitBOXではなく、hitBOXの亜種であるガフロコンというものだけが禁止になったみたいですね。


SPONSORED LINK


そもそも、hitBOXとはなんぞや

多分、格闘ゲームの情報に強い人達はすでに知っていたのかと思いますが、オレみたいな遊び程度に格闘ゲームに触っている人は、つい最近知ったコントローラーだったりします。

このhitBOXとは、格闘ゲーム用の「レバーレスコントローラー」の一種で、Hit Box Arcadeというメーカーが開発したコントローラーが純正品。

Hitobo

画像を見て分かる通り、アケコンならあるはずのレバーがなく、代わりにボタンが配置されています。

この画像でいう赤いボタンが上下左右の方向キーとなっているわけなのですな( ゚д゚ )

なんとも操作しにくい気がしますが・・・PCゲームとか遊んでいるとキーボードで操作することがデフォルトだったりしますので、そこで慣れている人はこっちの方が使いやすかったりするのでしょう。

でまあ、このhitBOX自体は、2011年にはすでにあったみたいですが。

使い勝手が「ストリートファイターV」に合っているからなのか、それとも入手しやすくなったからかはわかりませんけれども、最近になってアケコンからhitBOXにシフトする人も増えていたみたいですね。

とまあ、ここまでの話ならば「別にコントローラーが変わるだけで問題なくね?」って感じですけれども・・・このhitBOXには、ある大きな特徴があります。

それは、通常のレバー操作ではありえない入力が可能だということ!


SPONSORED LINK


hitBOXが禁止になるとかならないとか騒がれている原因

hitBOX・・・まあ、普通に考えれば「上下左右がボタンになっただけでしょ?」って思うかもしれませんが、例えば、この動画を見てみましょう。

リュウが真空波動拳を撃っている動画・・・ですが、なにかおかしなことに気づきませんか?

そう、真空波動拳のコマンドって通常ならば「↓\→↓\→+P」と、レバーをグイングインしてパンチを押さないと成立しないのですが。

でも、hitBOXだと、右ボタン(赤いボタンの3つ目)を押しながら、左ボタン(赤いボタン1つ目)と下ボタン(赤いボタン2つ目)を同時にポンポンと押してパンチボタンを押すだけで、真空波動拳が出ています。

Sinkuu

なんでやねん!って思うかもしれませんが、このhitBOXというコントローラーは、3ボタン全てを押し込むと下入力されるという仕様になっているそうで。

そういったものを活用すれば、レバー操作では到底実現できないスピードで技を出すことが可能になるわけですな。

まあ、遊び程度に格闘ゲームをプレイしている人は「ふーん」って感じでしょうけれども。

フレームを気にするレベルの人たちにとっては、かなり驚異なコントローラーになっているわけで。

ゲームパッドやアケコンなどで操作している人たちからみたら、自分のコントローラーでは実現できないことを実現できてしまうじゃねーか!ってことで、禁止になるとかならないとか騒がれていましたな。

Mausa

まあ、どのゲームにも「ハードウェアチート」と呼ばれる存在はありましたけれども、ただ、ここらへんの規則・・・レギュレーションについては、線引が難しいということで、あやふやになっている大会が多かったわけで。

格闘ゲーム大会でも、そこの規則は特になかったわけですが・・・今回、格闘ゲーム大会「ComboBreaker 2019」では、あるコントローラーの使用禁止を発表しました。

それが、「ガフロコン」と呼ばれるものです( ゚д゚ )


SPONSORED LINK


「ComboBreaker 2019」でガフロコンの使用禁止に

さて、「ComboBreaker 2019」という大会にも、梅原さんは出場。

その際、通称

ガフロコン

というコントローラーを使用して参戦する予定でした・・・が、「ComboBreaker 2019」にて、その使用禁止を発表。

残念ながら通常のアケコンでの参戦となりました。

でまあ、オレはこの「ガフロコン」というものを知らなかったのですが、この「ガフロコン」も、レバーレスコントローラーと呼ばれるものの一種。

プロゲーマーのガフロさんが制作したということで、「ガフロコン」と呼ばれています。

Gahuro

純正のhitBOXに比べて、ボタンの数は違っているものの、操作関係はそこまで大差ない気がしますよね。

じゃあ、このボタンの数が問題になったのか!?と思うと、そうではなくて。

SOCD(Simultaneous Operation of Cardinal Direction)

というものが問題になったそうです。


SPONSORED LINK


SOCDってなんぞや?

Socd

でまあ、そのSOCDってなんぞや?って感じなわけですが・・・例えば、普通の方向キーでは入力できない「上+下」「左+右」は、レバーレスコントローラーでは実現できてしまいますよね?

これ、ソフト側がそれを許容した作りをしていないため、通常では実現できない同時押しをすると、バグが発生する可能性も出てきます。

それを防ぐために、例えば、「左+右」を同時押ししたら「ニュートラルとして出力する」という感じで、ハード側でどういう出力にするかを処理をしてから、ソフト側に出力しているそうです。

それがSOCDというみたいですな。

hitBOXの場合は、「左+右」を押した場合は「ニュートラル」・・・つまり、どの方向にも入っていない状態になり。

「上+下」を押すと、上が出力される仕様になっているそうですな。

これを「N仕様」と呼ぶみたいですが・・・対してガフロコンはというと、「上+下」を押すと、上が出力されるのは変わりませんが。

「左+右」を押した場合は、

後に押された方が優先

される仕様になっています・・・これを「P仕様」というそうです。

じゃあ、このP仕様のSOCDの何がいけないのかというと、次の動画を見てみましょ。

まあ、動画を見てもわかりにくいですけれども(笑)

例えば、ガイルのクリティカルアーツであるソニックハリケーンは、「←タメ→←→+P」で発動します。

レバー操作やN仕様のレバーレスコントローラーだと、その操作どおりに行わないと発動しないわけなのですが。

ガフロコン・・・P仕様のレバーレスコントローラーだと、「←押しっぱなし→→+P」だけで発動するそうですね(゜o゜;

Sonihari

これのやばいところは、通常のレバー操作ならば、「左溜め→ニュートラル→右→ニュートラル→左→ニュートラル→右+P」と、絶対にニュートラルが挟まるわけなのですが。

ガフロコンだと、このニュートラルも省き、さらに左入力も1回省くことができてしまいます。

つまり、レバー操作よりも断然早く、しかも簡単に技が出せるわけなのですね。

これにより、ありえない反応で技が出せたり、無理矢理コンボにつなげる事もできるわけですな。

これだけ聞くと、使用禁止になっても仕方がないかな?って思いますよね(;´∀`)


SPONSORED LINK


でも、ガフロコンは禁止されたけれども、hitBOXはOK・・・やっぱりレギュレーションはあやふやなまま

ということで、ガフロコンの入力ハンパねー!っていうことはわかるかもしれませんが。

hitBOXだって使い方によっては、レバー操作ではありえない速さで技を出すことができます。

でも・・・今回の大会であるComboBreakerの公式サイトでは、以下の一文が書かれていたみたいですね。

More clarity from PhreakMods: Official Hitbox devices that handle SOCD (Simultaneous Operation of Cardinal Direction) properly are not considered to cause impossible behavior and are tournament legal.

これ、「純正hitBOXみたいにSOCDを適切に扱ってて、不可能な挙動を可能にしてなければ禁止しないぜ」と言っているそうです。

確かに、「ガフロコン」だと、ニュートラルを省いて操作できるとか、不可能な挙動があったりするわけですが。

ただ、hitBOXも真空波動拳の件など、不可能な挙動をできる可能性もあるわけで・・・そこら編の線引がまだあやふやな感じがしますよね(;´∀`)

とはいえ、ComboBreakerも、カプコンさんの声明を受けて禁止にしただけなので、今後もカプコンさん次第になるのでしょうけれども。

それでも、「梅原さんが使おうとしたから、使用禁止にしたんじゃないの?」って思われてもおかしくはないですよね。

ちなみに、梅原さん自身は、純正hitBOXを貰ったみたいで、それを使って練習中。

これでも大会前に「使用禁止にします!」となったら、流石にどうなんだろうって感じですな(;´∀`)

仮に禁止するならば、今すぐにでも禁止にしますと発表したほうがいいでしょうね。

あとがきっくす

というより、予めしっかりレギュレーションを決めてくれないとやり難いでしょうな・・・プロの人達も。

プロ野球で例えたら、バットだったら木製でも金属でもいいよー?っていう状態なわけですし。

そりゃあ、別に違反じゃなくて有利になるものが存在するならば、有利になるものを使いますよね(;´∀`)

影響力のある梅原さんが禁止されたということで、今後どういった動きを見せていくのか気になりますな。

-雑記
-, , , , , , , , , ,

Copyright© レトロゲームたちVS最新ゲームたち , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。