PlayStation5 雑記

大規模レイオフが行われたBungieの現在は「魂が砕かれる」ような雰囲気?社員としてはどっちが良いのかな。

banngurups.png

今までのプライドなのかなんなのか・・・そういう問題もあるわけですな。

2023年10月末ごろ、100人以上の大規模レイオフが話題になっていた

Bungieさん

ですけれども、これはSIEさん側の判断ではなく、

Bungie経営陣

が、SIEさんの完全買収を避けるために実施したと話題になっていましたね。

そんなレイオフが行われて1ヶ月経つBungieさんですが、社員の話では

「魂が砕かれる」ような雰囲気

が続いているんだとか・・・果たして、どの道に進んだほうが社員としてはやりやすいのでしょうね?


SPONSORED LINK


SIEではなく、Bungie経営陣の判断により大規模レイオフは行われた

sonibannzi.png

2022年7月、SIEさんに正式買収されたBungieさん・・・SIEさんが現在目指している

ライブサービスゲーム

の構築のため、そのノウハウを活用したいと買収されたわけですが・・・そこがうまく回っていない報道がチラホラと出ていましたな。

そんな中、2023年10月末ごろに

大規模レイオフ

をBungieさんが実施したとして、ファンに衝撃を与えました。

そんなレイオフは、SIEさんに買収されてから1年後に行われ、しかもSIEさんの目指すライブサービスゲームが上手く構築できていないという話も出ていたことで、

SIEさんが実施した

と思った人は多いと思いますが、実際には、

Bungieさんの経営陣

が判断して実施したとして、これもまた話題になっていましたね。

bannzi.jpg

今回のレイオフは、

SIEさんの利益に全く関係がない

らしく、全然利益にならないじゃないか!という感じで、SIEさんが判断を下す必要はないとのこと。

じゃあ、なんでまたBungieさん側が自らレイオフをすることになったのかというと、

SIEの完全買収を回避するため

に経営陣が判断したみたいですな。


SPONSORED LINK


SIEの完全買収を回避するために行われたレイオフ。実はまだBungie側にも取締役会が存在している?

bannzi.png

2022年7月にSIEさんに正式買収されたBungieさん・・・なので、SIEさんの完全独立子会社なのは間違いないのですが、実は

取締役会

が分裂している状態だそうで、Bungieさん側にも実権を握る経営陣がいるそうですな。

そんな経営陣が今回の大規模レイオフを決定したみたいですが、なんでまたレイオフをしたのかというと

SIEさんの完全買収を回避するため

なんだとか。

bannzidesute.png

長い間独立性を誇ってきたBungieさんですから、Bungie経営陣としては崩したくない気持ちがあるのでしょう。

SIEさん側もその気持ちを知ってか分かりませんが、だからここまで「取締役会が分裂している」状態が続いてきたと思いますが。

ただ、SIEさんだって、自社が目指しているライブサービスゲームをガンガン進めていきたいでしょうから、本当はSIEさんが実権を握りたいはず・・・なので、

特定の財務目標を達成すること

を条件として、今の取締役会で動くことを許可しているそうですな。

fainarusya.jpg

ただ、最近のBungieさんは、「Destiny2」の拡張版である「The Final Shape」が延期となり。

また、Bungieさんの新作である「Marathon」にバンバン投資している状態ですから、SIEさんが条件としている「財務目標の達成」が結構難しくなってきたと。

だからBungie経営陣は、その財務目標を達成するために、

レイオフ

という決断をした、とのことです。


SPONSORED LINK


Bungieの現在は「魂が砕かれる」ような雰囲気?SIEさんに完全買収されるか、まだレイオフの可能性がある状態で働くか

ということで、今までのBungieさんらしさを維持するという名目の裏では、おそらく

現在の取締役会体制を維持する

ために行われたレイオフだったわけですが、これ、

社員側

には正式に知らされておらず、あとから知った社員が多いみたいですな(;´∀`)

海外メディアのIGNさんの話では、いきなり発表されたレイオフが、実はBungie経営陣によって実施されたわけですから、

社内の士気が大幅に低下している

らしく、レイオフが実施されて1ヶ月たったBungie社内の状況を社員に聞いたところ、

「魂が砕かれる」ような雰囲気

が続いているそうですな・・・そりゃそうですよね(;´∀`)

これだけ聞くと、「社員を守る」という感じの決断ではないでしょうし。

marasonnn.png

ちなみに、Bungie経営陣からは雰囲気を改善しようと動いている気配は無いようで、なんなら

なんで社員側は動いてくれないんだ!

みたいな感じを出しているらしいです。

また、今後も現在の取締役会体制を維持するためには、SIEさんが提示している財務目標の条件をクリアし続けなければいけないわけですが、そのために

レイオフがないとは保証できない

とBungie経営陣は考えているみたいですな・・・。

社員としては、再びレイオフが行われるかもしれない環境で、Bungieさんとして働いたほうが良いのか。

いっそのことSIEさんに完全買収されて、SIEさん主導で働いたほうが良いのか・・・しばらくはキツイ期間が続きそうですね。

はてさて、この結末はどうなるのかな?

あとがきっくす

ということで今回のまとめ・・・

・2023年10月末に実施されたBungieさんの大規模レイオフは、Bungie経営陣の決断で行われた
・SIEさんとしては、今回のレイオフは利益に全く関係がない
・SIEさんに買収されたBungieさんだが、実はまだ取締役会は分裂した状況
・その取締役会体制を維持するためには、SIEさんが出した「特定の財務目標を達成する」という条件をクリアする必要がある
・そのためBungie経営陣は、レイオフによって財務目標を達成しようとしている
・社員としてはこの期間、「魂が砕かれる」ような雰囲気が続いている

という記事でした。

買収されても会社自体がなくなるわけではないですから、社員としては働こうと思えば続けられるのでしょうけれども。

ただ、完全買収されたらされたで、SIEさんのやり方に合わないという人も出てくるかもしれませんよね・・・。

これ、どっちに転んでももう一悶着ありそうな感じですが、大型DLCや新作の開発も含めて大丈夫なのか気になりますな(;´∀`)

-PlayStation5, 雑記
-, , , , , , , , , , ,