単なる一般人が気になった新作タイトルを紹介するブログ。たまにゲームプレイやレトロゲーム話もチラホラと。

レトロゲームたちVS最新ゲームたち

3D格闘ゲーム1ステージの開発費は最安で5000万円以上!?キャラクターは、それ以上にお金がかかるんだとか・・・そりゃあローンチ時のキャラ数も考えるよね。

投稿日:

Tekke

こういう話を知っておくと、使えるキャラクターが少ないじゃねーか!とか、安易に言えなくなるんじゃないかな?(笑)

鉄拳シリーズのプロデューサーである原田勝弘さんが、ゲームの開発費に関するツイートをしていたのでご紹介(・∀・)

そんなにお金がかかっているのかー・・・ということを知っておいて、プレイしてみるのもありかも?


SPONSORED LINK


3D格闘ゲーム1ステージの開発費は最安で5000万円以上

オレの中で、ゲームの開発費について1番記憶に残っているのが、「シェンムー」の開発費。

Syennu

当時、中学生だったオレですが、「シェンムー」の開発費が70億円近く掛かっていたということを聞いて、「は!?」って思ったものです(笑)

当時はネットもまだこんなに流行っていなかった時代。

それでも耳に入ってきた衝撃の事実は、子供ながらに、「ゲームってすげぇ金がかかるんだな」と思ったわけで・・・。

でまあ、そこから更にグラフィックなどが進化している今、じゃあ、今のゲームってどれくらい開発費がかかるんだろうって思いませんか?

そんな開発費について、原田勝弘さんにこんなことを聞いた方がいらっしゃいます。

1ステージ作るのに、5000万円くらいの開発費がかかりますか?

と。

Tekkansute

これに対して、原田勝弘さんから帰ってきた答えが、こちら。

はい、3D格闘ゲームの1ステージの開発費は5000万円・・・どころか、これでも最安値だそうです(;´∀`)

むしろ、原田勝弘さんの話では、例えば鉄拳の1ステージを5000万円で作ってくれと言われたら、即、無理だというレベルみたいですね。

公式サイトを見ると、今のところの「鉄拳7」のステージ数は20ステージほど。

5000万円でも安い!ということでしたが、仮に5000万円だったとしても、10億円くらい掛かっていることになります(゜o゜;

ちなみに、「ストリートファイターV」や「ギルティギア Xrd」なども、ステージは3Dポリゴンで作られていますが。

Sutezi

あれはあくまで3Dポリゴンで作られた2Dステージなので、開発費は鉄拳やDOAなどの3D格闘ゲームよりは低いっぽいです。

確かに、360度分作る必要はないですし、リングアウトも考える必要がない。

オブジェクト破壊や床破壊などもそこまでないので、開発費は抑えられるんだろうなっていうのは、わかりますね。

ほぇー・・・って気持ちになりますな。


SPONSORED LINK


キャラクターはステージの開発費よりもっともっと掛かる

Tkkennkyara

じゃあ、ステージの開発費はイメージできたけれども、キャラクターの開発費は?というと、ステージの開発費よりももっともっと掛かるそうです(;´∀`)

具体的な開発費はわかりませんけれども・・・こういう話を聞くと、後々DLCでキャラクターを追加していく理由もなんとなくわかりますな。

ローンチ時に、すべてのキャラクターを登場させるとなったら、はじめから化物みたいな開発費になりますし、仮にポシャった場合のリスクがありますもんね(;^ω^)

なので今は、売れ行きや人気を見て、少しずつキャラクターを配信していく形がデフォルトなのでしょう。

Tekkenndlc

「キャラクター数が少ない!」とか、「新キャラクターを増やせ!」とか思う気持ちもわかりますが、こういう背景があることを知っておけば、「あ、頑張って配信してください!」と思えるようになるのかなと(笑)

ちなみに、新キャラクターの開発費が最も高くなるみたいですな。

既存キャラクターであれば、モデルや動きなどの情報が蓄積されているため、効率よく制作はできるみたいですが。

新キャラクターとなると、どんなモデルになるのか、どんな動きをするのかも1から作らなければならず、作り直しなども繰り返して生み出されるため、その分開発費が掛かるようです。

Nigan

シリーズものの新キャラクターというと、馴染みがないので手を付けない人もいるかもしれませんが。

「あ、この子にうん億円掛かっているんだな・・・」って考えれば、1度でも使ってみようと思えるのかもしれませんね(笑)

あとがきっくす

勿論、簡単につくれるとは思ってはいませんけれども、やっぱりこれだけお金がかかるんですな。

こういう話を聞くと、価格設定や売上の見方も変わってきそうですね(;^ω^)

もし6,000円くらいのタイトルが100万本売り上げても60億円。

60億円ってすごいように見えますが、開発費を考えたら、まだまだ足りないってなるゲームもあるんでしょうね。

そんな中、クソゲー!って騒がれちゃうゲームも生まれるわけで・・・ビジネスって難しいもんですな。

-雑記
-, , , , ,

Copyright© レトロゲームたちVS最新ゲームたち , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.