ポケモンバンクに変わるクラウドサービス「ポケモンホーム」が2020年初旬にサービス開始予定!ソード・シールドやポケGOなどで集めたポケモンを集約!

ポケモン事業戦略発表会で、ポケモン大好きな人はもう1つ気になるサービスが発表されましたな。

ポケモンホーム」が、2020年初旬にサービス開始予定であるそうです(・∀・)

かなり便利なものになりますけれども、料金はどうなるかな?


SPONSORED LINK


ポケモンバンクに変わるクラウドサービス「ポケモンホーム」が2020年秋ごろサービス開始

ということで、「ポケモンスリープ」とは別に、もう1つ新たなサービスが発表されましたな。

その名も「ポケモンホーム」と呼ばれる、ゲームではなくクラウドサービスですね(・∀・)

ニンテンドースイッチとスマホ向けに提供されるこの「ポケモンホーム」は、

すべてのポケモンが集まる場所

というコンセプトで提供されるものとなっています。

つまり、「ポケモンバンク」ように、様々な作品のポケモンを1つに集めることができるサービスになっています!

ニンテンドースイッチで発売された「ポケットモンスター レッツゴー!ピカチュウ・レッツゴー!イーブイ」のほか。

これから発売される「ポケットモンスター ソード・シールド」も勿論、対象になります。

更には、スマホで配信されている「ポケモンGO」で集めたポケモンたちも、この「ポケモンホーム」に集約する事ができます!

なので、例えば、子どもは学校終わりに「ポケットモンスター ソード・シールド」でポケモンを集めて。

親は仕事終わりに「ポケモンGO」でポケモンを集めて。

んで、それを「ポケモンホーム」に集約する・・・なんて親子の共同作業なんてことも可能になるのでしょう(`・ω・´)


SPONSORED LINK


「ポケモンホーム」と「ポケモンバンク」の違い・・・とにかくどこでも交換可能に

でまあ、これだけ聞くと「ポケモンバンク」との違いがよくわからないと思いますが、「ポケモンホーム」はクラウドサービスです。

クラウドサービスになることで何ができるのか・・・そう、

プラットフォームを気にせずにつながる

ことが可能になります(・∀・)

今までの「ポケモンバンク」は、ゲーム機を介してポケモンバンクに預けたり、そのポケモンを引き出したりということができていたわけですが。

今回の「ポケモンホーム」は、ゲーム機は勿論のこと、スマホを使用して管理することも可能。

それだけではなく、誰かとポケモンを交換したいなー・・・って思ったら、「ポケモンホーム」でポケモン交換を完結することもできます(`・ω・´)

なので、例えば、「ポケットモンスター レッツゴー!ピカチュウ」にハマっている人と「ポケモンGO」にハマっている人がいたとしても、プラットフォームの違いを気にせずに「ポケモンホーム」でポケモン交換が可能になるみたいですな!

勿論、「ポケモンバンク」で集めたポケモンたちも「ポケモンホーム」に集約することができるので、今までずーっとポケモンを預けていた人たちは、引き続き管理することができるようです。

こりゃあ、ポケモン好きは便利なサービスになりそうですね!

あとがきっくす

ちなみに、料金などは発表されていませんでしたが、流石にクラウドサーバーの管理費が必要でしょうし、料金は掛かるでしょうね。

「ポケモンバンク」は年間500円で済みましたけれども、もうちょっと高くはなりそうですな(;´∀`)

といっても、一気に料金が跳ね上がる気はしないので、まあ、全然払えるかな?って思える料金になってくれるでしょう。

にしても、例えばピカブイで手に入れたポケモンと、3DS版でめっちゃ強化されたポケモンと比べたら、どれくらい強さの差があるのか気になりますね(笑)

-雑記
-, , , , , , , , ,

Copyright© レトロゲームたちVS最新ゲームたち , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.