シリーズ35周年「夢幻戦士ヴァリス」3作品がニンテンドースイッチ向けに発売決定!シリーズを支援するクラファンも実施するとのこと。

varininn.png

自分はリアルタイムでプレイした人間ではないですが、2Dアクションゲームとしてはかなり楽しめる作品ですよね!

1986年に日本テレネットさんから発売された

夢幻戦士ヴァリス

という作品。

その「夢幻戦士ヴァリス」の35周年を記念して、

「夢幻戦士ヴァリス」「ヴァリス2」「ヴァリス3」

の3作品をニンテンドースイッチ向けに開発するそうです( ・`ω・´)


SPONSORED LINK


そもそも「夢幻戦士ヴァリス」とはどういうゲーム?

farissu.png

さて、「夢幻戦士ヴァリス」という作品は、1986年、PC-8801(mkIISR以降)向けに発売された2D横スクロールアクションでして。

その後、MSXやファミコン、PCエンジン向けにも発売、更にコアなファンが多いこともあって、プロジェクトEGGやPSゲームアーカイブスなどにも移植されましたな(・∀・)

varisusu.png

まず、「夢幻戦士ヴァリス」のストーリーについて簡単に・・・・「夢幻戦士ヴァリス」の世界には人間界のほかに、

夢幻界・ヴァニティ
暗黒界・ヴェカンティ

が存在しています。

人間の心には明と暗の力がありまして、「夢幻界・ヴァニティ」が明の力を、「暗黒界・ヴェカンティ」が暗の力を司り、人間の心のバランスを保っていたのですが。

暗黒界・ヴェカンティの支配者である魔王ログレスの力が高まり、人間の暗の力が増大。

それにより、人間界で謎の事件が起きるようになります。

それは宜しくない!ということで、夢幻界・ヴァニティの女王ヴァリアが

ヴァリスの戦士

になりうる存在を探していたのですが。

そんな中、ごくごく普通な女子高生として生活していた主人公

麻生 優子

が、人間界で魔物に襲われていることを発見。

asouyuu.png

本当に「普通」な生活をしていた彼女を見たヴァリアは、

明と暗の心のバランスがもっとも優れた存在

と判断し、ヴァリスの剣を授けるとともにヴァリスの戦士に指名します。

varima.png

もちろん、優子は戸惑うわけですが・・・色々と戦っていくうちにヴァリスの力に目覚めていき。

魔王ログレスをぶっ倒すために冒険する、ということが「夢幻戦士ヴァリス」のストーリー概要になっています( ・`ω・´)

とまあ、これだけ見ると、女子高生が戦士になるってふざけているの?と思っちゃうかもしれませんが(笑)

学校のクラスメイトと戦うことになったり、戦士に指名したヴァリアに反発したりなどなど、結構シリアスなストーリーが展開されまして。

しかも、その演出を、1986年当時では珍しいアニメーションを使って行っていたため、当時プレイした人たちの心に刻まれた名作となったみたいですな(・∀・)

roguresu.png

ちなみに、ゲームの主人公である麻生 優子ですが、

ファンクラブ

ができるほど当時人気だったほか、イメージガールを選ぶ

ミス優子コンテスト

なるものも開催されたほど、話題のタイトルだったみたいですな。

そこまで盛り上がっていたとは全然知らなかった(;^ω^)


SPONSORED LINK


見た目に反して硬派なアクションゲーム

でまあ、可愛らしい女子高生が主人公で、しかも、

ビキニアーマー姿

にもなってしまうこのゲーム。

そうやって聞くと、「アクションとしてはいまいちなのでは?」と思っちゃうかもしれませんが、「夢幻戦士ヴァリス」は

硬派なアクションゲーム

としても知られています。

上の動画はPC版・・・すごい目が痛くなりますが(;^ω^)

とにかく、広大なマップでパワーアップアイテムを集めて優子を強化し、敵を倒しながらボスを目指すという、しっかりとアクションの要素を取り込んだ作品になっているわけですな。

ちなみにPCエンジン版がこちら・・・こっちのほうがわかりやすいかな?

今回開発されることが発表されたニンテンドースイッチ版は、このPCエンジン版を元に開発されるとのことなので、気持ちよくアクションを楽しめるかなと!


SPONSORED LINK


ニンテンドースイッチ版「夢幻戦士ヴァリス」シリーズの開発が決定。クラファンによる支援も実施

varisuninn.png

ということで、簡単に「夢幻戦士ヴァリス」について紹介しましたが。

この「夢幻戦士ヴァリス」と、その続編となる「ヴァリス2」「ヴァリス3」の3作品が、ニンテンドースイッチ向けに開発されるそうです( ・`ω・´)

元となるのはPCエンジン版なのですが、そのまま移植ではなく。

当時の雰囲気や手触りを再現しながら

今の世代のゲーム好きにも楽しんでもらえるように開発するとのこと。

もちろん、当時プレイしていた人も納得が行くように調整するみたいですね(・∀・)

ゲーム画面などはまだ公開されていませんが、今までの様々移植され、その機種に合わせてグラフィックや操作性などが調整されてきたので、今回もニンテンドースイッチらしいデザインになって発売されるのでしょう。

ちなみに・・・wikiを見ると、当時のデザイン画が事故で失われたため、移植作品ごとにキャラクターデザインが変わったんだとか。

それもまた面白いもんですな(;^ω^)

ということで、今回ニンテンドースイッチ版「夢幻戦士ヴァリス」シリーズの開発が発表されたわけですが。

この他にも、

復活応援プロジェクト

ということで、クラウドファンディングを実施するそうです。

クラウドファンディングサービスは「Makuake」とのこと。

このクラウドファンディングを実施する理由は、

当時のファンたちが同窓会のように集えるきっかけ

ということと。

あとは純粋に、

「夢幻戦士ヴァリス」を知らない世代にも遊んでもらいたい

ためみたいですね。

ritan.png

支援をした人には、ゲーム内に名前が掲載されたり、オリジナルグッズが貰えたりするとのこと。

特に、当時のファンは

・開発当時の原画や資料を使用した資料集
・島本須美さんサイン入りPCエンジンソフト

あたりが欲しいのではないでしょうか?(笑)

もし興味がある人は、こちらの支援も検討してみるといいでしょう( ・`ω・´)

あとがきっくす

ちなみに、ヴァリスシリーズの知的財産権を持つエディアさんですが、このヴァリスを含めて

139タイトル

の知的財産権を手に入れたそうです( ・`ω・´)

ただ、今までいろいろな理由で提供できていなかったのですが、今回、多くのユーザーがいるニンテンドースイッチ向けに開発することにしたみたいですな。

ということは、139タイトルに何が含まれているのかは分かりませんが、ヴァリス以外にも復刻するタイトルがあるかもしれませんね!

それも楽しみに今後待ってみるのもありかもね(・∀・)

-ニンテンドースイッチ
-, , , , , , ,

© 2021 レトロゲームたちVS最新ゲームたち Powered by AFFINGER5

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。