半導体不足は2024年まで続く!?PS5の抽選販売などは2023年でも続くのかな・・・。

ps5hontai.png

あらま・・・こりゃもう「普通に買えるようになる」ということを考えずに、別の遊び方を考えたほうがいいのかな(;^ω^)

まだまだ世の中は

半導体不足

が続いていますが・・・この半導体不足についてIntelのCEOであるPat Gelsingerさんが

2024年まで続く

というコメントをしたみたいですぜ?!

PS5あたりは2022年もまだ「抽選販売」という状況ですが・・・この調子だと2023年も怪しいかもね(;´Д`)


SPONSORED LINK


半導体不足は2024年まで続くかも?

hanndoutai.png

ゲーム機だけではなく、家電やスマホ、自動車など数多くの分野に使用されている半導体。

新型コロナウイルスの影響で半導体の製造工場がストップしたり、閉鎖したことで、今も尚

半導体不足

が続いている状況ですね(;´∀`)

そんな半導体不足ですが・・・スマホやゲーム機などの製品だけではなく。

IntelのCEOであるPat Gelsingerさんの話では、

半導体を製造する設備

自体の製造が難しい状況になっているそうで、それにより半導体を製造することが遅れている・・・とコメント。

なかなかに悪循環な状況になっているようですな(;´Д`)

innteru.png

Intelさんは、オハイオ州に

世界最大の半導体製造工場

を建設する予定だったみたいですが。

製造設備を準備することが難しい状況なためか、その半導体工場は

2025年

に稼働するとのこと・・・つまり、

2024年も半導体不足は続く

ということになるみたいですな(;´Д`)


SPONSORED LINK


AMD側は「2022年の下半期」に解消するとコメントしていた

amd.png

ちなみに、こちらも半導体企業の大手であるAMDさんですが。

AMDのCEOであるLisa Suさんは、2021年10月頃に

2022年下半期には半導体不足が解消する

とコメントしていたみたいですな。

Lisa Suさん曰く、2020年には半導体工場に対する投資はしているとのこと。

ただ、半導体を発注し、納品に至るまでの期間が、通常の3〜4倍かかっている状況とのことで、半導体工場の新設も時間がかかる状況ではあるみたい。

それでも、18〜24ヶ月・・・つまり2020年から2年後となる2022年下半期くらいに新たな工場が稼働し始め。

そこから半導体不足が解消されていくだろう、とコメントしていました。

ただ、この話は2021年末の話・・・2022年の今はどういった予想になっているのか気になるところですな。

ちなみに、PS5やXSXにはAMDさんのCPUやGPUが使われているので、本当に「2022年下半期には解消される」状況になるようならば、2023年には買えるようになるのかなと。

とはいえ・・・今はコロナの問題だけではなく、ウクライナ情勢や中国のゼロコロナ規制などもありますからね。

それらもどう影響してくるのかも気になるところ(;´∀`)

ということで、まだしばらくは続きそうなPS5の抽選販売・・・もしPS5を買うことができた人は大事に使いましょ(笑)

あとがきっくす

PS5だけではなく、XSXやニンテンドースイッチなども、生産量を減らしていますからね・・・。

本体がなかなか出回らなくなるってことは、ソフト側もどうしようか迷う状況になるでしょうし、なかなかにゲーム業界も大変ですよね(;´Д`)

まあ、何を言っても今すぐ改善するわけではないですし、とりあえず今は旧世代機で遊んだり、レトロゲームで遊んだり。

ボードゲームを遊んでみたりなどなど、他の遊びをしながら楽しみましょ(;´∀`)

-PlayStation5, XBOX series X, ニンテンドースイッチ
-, , , , , , , , ,

© 2022 レトロゲームたちVS最新ゲームたち Powered by AFFINGER5