目や口、顎などの動きを反映させるVRゴーグルの特許をSIEが取得!Vtuberとかやりやすくなるのかな?(笑)

psvr.png

SIEさんは新しい体験を色々と模索している感じですかね!?

最近、様々な特許が話題になっているSIEさんですが、結構前に

VRゴーグル

に関するこんな特許が出願されていたみたいですね(・∀・)

ゲームというより、コミュニケーションやコンテンツ作成などに役立ちそう?


SPONSORED LINK


ちょっと前から流行っている表情トラッキングの技術

ちょっと前から、Vtuberなるジャンルが流行っていますよね。

kokkyo.png

可愛らしいキャラクターだったり、面白いキャラクターだったり、不思議なキャラクターだったり。

CGで自分の好きなキャラクターを演じることができるわけで・・・いや、ファンの人達にとっては、演じるというよりそのキャラクターが本人なんだろうけれども(;´∀`)

とりあえず、顔をさらけ出すのに抵抗があるけれども、動画配信には興味ある・・・そんな人達にとっては、なかなかありがたい技術なのかなと!

そういったVtuberさんたちを見ていると、まばたきをすればそのキャラクターもまばたきをしますし。

笑顔になればそのキャラクターも笑顔になりますし・・・CGなんだけれども、プレイヤーの表情がわかって面白いもんですよね。

それを可能にしているのが、

表情トラッキング

の技術。

aifonn.png

スマホでも様々なアプリが配信されており、それでいろんなキャラクターになりきる事ができるようになりましたが。

VR業界でも、その表情トラッキングを実装する動きはありまして、「Veeso」というVRゴーグルではそれが実現。

vesso.png

また、Googleさんも特許を出願していたりするわけですが。

PS VRを発売しているSIEさんも例外ではなく、今回、その特許が取得されたみたいですね(・∀・)


SPONSORED LINK


目や口、顎などの動きを反映させるVRゴーグルの特許

さて、SIEさんが公開した特許がこちら。

inoki.png

下の図が猪木さんみたいな感じになっていますが。

「Veeso」とは違って、口元の専用カメラを必要とせず、VRゴーグルだけで目や口、顎などの動きを反映させる特許みたいですね。

目の動きはVRゴーグル内の視線センサーで、口や顎、鼻などは、VRゴーグルの下側についているセンサーで反映できる技術となるみたい。

これにより、VR世界のアバターに表情をもたせる事ができる・・・というような使い方ができるとか。

もしかしたら、このVRゴーグルだけでVtuberになることもできるかもしれませんし。

プレイヤーの表情によってゲームの分岐が変わるなんてこともできるかもしれませんし、

にらめっこみたいなゲームも楽しめるかもしれません・・・やる人がいるのかわかりませんが(笑)

とにかく、可能性は広がる技術ではありますので、今後の続報が楽しみですね( ・`ω・´)

あとがきっくす

まあ、使うかどうかは別にして・・・新しい技術ってテンション上がりますな(;^ω^)

VRという技術が一般家庭にも供給され始めてから4〜5年・・・まだまーだ、進化途中だと思いますが。

やっぱり、将来的にはVR世界を自分の分身で動きまわる時代が来るのかなぁ?

オレが爺さんになった頃はどうなっているのか・・・そんな妄想ばかり広がります(笑)

-特許, PlayStation5, PlayStation VR, PlayStation4
-, , , , , , , , ,

Copyright© レトロゲームたちVS最新ゲームたち , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。