単なる一般人が気になった新作タイトルを紹介するブログ。たまにゲームプレイやレトロゲーム話もチラホラと。

レトロゲームたちVS最新ゲームたち

「ポケットモンスター ソード・シールド」にて、過去ポケモンの互換切りやメガシンカなどの廃止が発表!?その割にモーションが酷いということで大荒れに・・・。

更新日:

Pokesi

うーん・・・仕方がないことかもしれないけれども、「ポケモンホーム」という新サービスも発表したばかりですので、なんでや!?って思う人も多そうですね(;´Д`)

2019年11月15日に発売予定の「ポケットモンスター ソード・シールド」ですけれども、増田順一さんからのお知らせで嘆いている人が続出しているようですな。

それは・・・「過去ポケモンの互換切りについて。


SPONSORED LINK


「ポケットモンスター ソード・シールド」にて、過去ポケモンの互換切りを発表・・・メガシンカやZワザも廃止に

Kuraudo

ちょっと前に、「ポケモンホーム」というサービスが発表されましたな。

2020年初旬にサービス開始すると言われているこのサービスでは、ポケモンバンクに変わるクラウドサービスで。

今までのポケモンシリーズで集めたポケモンに加えて、新作の「ポケットモンスター ソード・シールド」のポケモン、更には「ポケモンGO」で集めたポケモンも集約できると言われています。

んで、ゲーム機だけではなく、スマホやブラウザでもポケモンの管理、交換ができる・・・そんなサービスになると言われていましたよね?

そんなサービスが先に発表されていたもんだからか、「ポケットモンスター ソード・シールド」でも、いろんなポケモンが使えるんだ!ってなった人も多かったようですけれども。

残念ながら、「ポケットモンスター ソード・シールド」では、その舞台であるガラル地方の図鑑に登録されるポケモンのみ交換できると発表されました。

Gararuti

つまり、ほとんどの過去ポケモンは互換切りにより使うことができなくなりました(;^ω^)

このことから、

「全国図鑑を返して」運動

というものが広まっているみたいです・・・まあ、今までの長い時間を使って集めたポケモンが使えなくなるっていうのは、悲しい人も出てくるでしょうな(;´∀`)

今回の互換切りを決断した理由としては、一匹ずつのクオリティを大事にするということ。

また、バトルバランスも考えて限られた開発時間に発売する目的から。

まあ、800匹以上も存在するポケモンのすべてのデザインを作り直して、すべてのバトルバランスを調整するとなると、確かにまだまだまーだ時間が必要になりそうですわな(;´∀`)

因みに、上記の話から延長して、メガシンカやZワザも廃止になるとのこと。

Daima

その代わりに「ダイマックス」なんてシステムが追加されたのでしょうけれども、これも変な話、新たなモデリングは必要なく、既存のモデルを大きくするだけなので、よく言えば開発時間の短縮につなげるためのシステムなのでしょうな。

「ポケットモンスター ソード・シールド」のアップデートで追加できるようにならないのか?という話が出ていたみたいですが、これに対して増田順一さんは、

アップデートは未定

とコメント。

ただ、増田順一さん的にも、今回の過去ポケモンの互換切りは苦渋の決断だったとのことで、アップデートができなかったとしても、今後の新作で活躍の場所を設けたいといっています。

なので、「ポケットモンスター ソード・シールド」のアップデートを願いながら、また、今後の新作で使えることを願いながら、続報を待ちましょ。


SPONSORED LINK


一匹ずつのクオリティを大事にすると言っていたのに、モーションがしょぼい!?

とまあ、互換切りの理由はなんとなく分かりますよね。

確かに、800匹分のモデリングを行うとなると、今年どころか来年にも発売できなくなる可能性はありますし、それは会社的にも売上につながるものがない期間が長くなって現実的ではない・・・という感じでしょう。

でも・・・「ポケットモンスター ソード・シールド」のプレイ動画を見た海外ファンは気づいてしまいました。

モーションがしょぼいじゃねーか!

と(;´∀`)

例えばこれは、ヒバニーが攻撃しているシーンらしいですが、ヒバニーはその場で飛び跳ねているだけ。

足の裏らしきエフェクトは出ていますが、何をどうやってその攻撃をしているのか、全くわからない感じになっちゃっています。

また、「ポケットモンスター ソード・シールド」はシンボルエンカウント方式なのですが、フィールドに登場するキャモメが一切羽ばたかないで宙に浮いて飛んでいるシーンも。

こんな感じのプレイシーンを多くのファンが見てしまったことから、

この程度のクオリティのために、全国図鑑を廃止したのか?

と、大荒れしているみたいですな(;´Д`)

まあでも、確かに「一匹ずつのクオリティを大事にする」と宣言してこれだと、ふざけんな!っていう人は多そうですな。

発売日までになにか調整するのか、はたまたこのまま発売されるのか・・・どうなるのかな??

あとがきっくす

「ピカブイ」みたいな作品を何作か作ってモデリングを増やしてから、「ポケモンホーム」のサービス開始と「ポケモン剣盾」を発売・・・っていうのがキレイな流れだったのかもしれませんが。

でも、そうすると、ガチなポケモンバトルを楽しみたい人が離れていく可能性も高いですし、そこを離さないためにも、「ポケモン剣盾」を早く出さないと!ってなった可能性はありますな・・・うーん、難しいもんですね(;´Д`)

因みに、ポケモンバトルは、サン・ムーンに続くものと考えていいそうなので、じっくり戦略を考えてバトルする楽しみはありそうですぜ!?

-ニンテンドースイッチ
-, , , , , , , , , , ,

Copyright© レトロゲームたちVS最新ゲームたち , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。