「ゴッド・オブ・ウォー 最新作」や「グランツーリスモ7」などはPS4との縦マルチに?PS5はまだ必要ないという海外メディアの記事があったな・・・。

ps45.png

まあ、正直なところ、ゲームとプレイする分にはまだPS5がなくても困っていないんですよね・・・ただ、どんな感じの体験ができるのかは興味あるだけで(;^ω^)

SIEさんのファーストパーティを生み出すスタジオが集合したPlayStation Studios。

その統括責任者を務めるハーマン・ハルストさんがインタビューに答え、

PS4の位置づけ

についてコメントしていたみたいですが、この内容がちょっと話題になっていましたな。

この話を見てふと思い出したのですが・・・大手海外メディアであるKOTAKUさんが

PS5ってまだ必要なくね?

という記事を公開していたので、それも合わせてご紹介。


SPONSORED LINK


「ゴッド・オブ・ウォー 最新作」や「グランツーリスモ7」などはPS5とPS4との縦マルチに?

ハーマン・ハルストさんのインタビュー内容については、PS.Blogでまとめられていたのでそちらを見てもらいまして、

このインタビューの中で、

PS4はどのような位置づけ?まだ今後のゲーム開発でもPS4は注目している?

という質問がありました。

この質問に対してハーマン・ハルストさんは、

もちろん

とコメント・・・つまり、PS5が発売された現在でも、まだPS4を視野に入れてゲーム開発を続けるみたいですね(・∀・)

ps5ps4.png

これは、全世界で1億1,000万人を越えるPS4ユーザーを放置できないということと。

ビジネス的な面でみても、ここを放置することはよろしくないという考えがあるからとのこと。

その考えがあるためか、今回のインタビューの中にちょっと気になる話が出てきまして・・・PS5向けとして発表されていた

「ホライゾン 禁じられた西部」
「ゴッド・オブ・ウォー 最新作」
「グランツーリスモ7」

などのタイトルは、PS4向けも含めた

縦マルチで発売することを検討している

とコメントしたみたいですな。

これ・・・現役のPS4ユーザーにとっては「ありがたい話だなー」と思ったかもしれませんが。

すでにPS5を所持している人や、また、PS5がもっと売れて欲しいと思っている人にとっては、面白くない話になったみたいですね(;´∀`)

だって、例えば「グランツーリスモ7」を遊ぶためにPS5を購入した人もいるでしょうし。

PS5でしか遊べないタイトルが増えないと、PS5を買う層が更に減るだろ!という考えになるわけですからね・・・。

ちなみに、現在PS5、PS4向けに開発されている新作は

25タイトル以上

だそうで、そのうち約半数が新規IPになるとのこと。

もちろん、「リターナル」や「ラチェット&クランク パラレル・トラブル」のような、PS5専用タイトルの開発もされていますが。

現在開発されている25タイトル以上の内、どれくらいが縦マルチのタイトルになるのか気になるところですよね?


SPONSORED LINK


あなたはまだPS5を必要としていない

とまあ、とりあえずしばらくは縦マルチで発売されるタイトルが続くのでしょうけれども。

このインタビューの内容を見て、以前、海外メディアのKOTAKUさんが公開した

You Still Don't Need A PlayStation 5

というタイトルの記事を見かけたことを思い出しました。

You Still Don't Need A PlayStation 5・・・直訳すると

あなたはまだPS5を必要としていない

ということになるわけですが・・・これは別に「PS5はダメだ!」と言う内容ではなく。

なかなか手に入りにくいPS5を買うために定期的に店に通ったり、抽選に登録したり。

プレミア価格で販売されている転売品を購入している人向けの内容になっています。

要は、

まだ必死になって買うような状態じゃなくない?

という感じの記事ですね(;^ω^)

ps5mada.png

とある記者さんの考えがまとめられていまして、PS5に搭載されている機能は素晴らしいし、ラインナップも増えてきていると前置きしつつも。

現在発売されているタイトルやこれから発売されるタイトルを見ると、

5〜6万円を払ってPS5を買いたい!と思うまでいかない

と書かれています、

asutoropure.png

例えば、デュアルセンスの機能を色々楽しめる「アストロプレイルーム」は、技術デモレベルのタイトルだし。

「デモンズソウル」はオリジナルがあってのリメイク作品だから、そこまで衝撃的じゃないよねー・・・という考えみたいで。

これから発売されるタイトルに関しては、「ホライゾン 禁じられた西部」はPS4との縦マルチだし。

「ゴッド・オブ・ウォー最新作」はPS5初のヒット作になると思うけれども、まだ2021年発売という情報しかないからなー・・・という感じだったのですが。

今回のハーマン・ハルストさんのインタビューで、「ゴッド・オブ・ウォー最新作」もPS4との縦マルチになるかもしれなくなったので。

この記者の中では、改めて「まだPS5を買うまでいかない」という気持ちになったことでしょう(;´∀`)

goddoobu.png

とまあ、このような内容が色々とまとめられたあとに、

まだPS5には深みがない

ということから、

今からPS5を必死になって手に入れるんだったら、まだ他のことに時間やお金を使ったほうがいいよ?

という記者からの助言で締めくくられています。

もちろん、すでにPS5を手に入れて、満足の行く楽しみ方ができている人もいるでしょうし。

好きで抽選しているんだ!という人も中にはいるかもしれませんが。

ただ、確かに有名どころのタイトルがPS4との縦マルチで発売されることになるんだったら、「まだしばらくPS5はいいかな?」と思う人は増えそうですよね。

まあでも、PS4が発売されたときもまだPS3でよくね?という状態が続きましたし。

急いで遊びたいというタイトルがなければ、やっぱり発売から1年くらいは様子見したほうがいいのかもしれませんな(;^ω^)

あとがきっくす

ちなみに、PC版はどの様な位置づけになるかというと、こちらはまだ初期段階みたいですね。

ただ、PC版ホライゾンゼロドーンがいい感じに売れているみたいで、「PS機種を持っていない人達の中にもPSタイトルをプレイしたい人がいる」ということを確信したみたいです。

なので、もちろんPSユーザー優先で新作タイトルなどは配信していくのは変わらないのですが。

ただ、PC版も

適切な時期

に発売してくことを検討するみたいですな(´~`)

どれくらいのタイトルがPC向けに配信されるのか・・・こちらも今後の動きが気になりますな!

-PlayStation5, PlayStation4
-, , , , , , , , , ,

© 2021 レトロゲームたちVS最新ゲームたち Powered by AFFINGER5