単なる一般人が気になった新作タイトルを紹介するブログ。たまにゲームプレイやレトロゲーム話もチラホラと。

レトロゲームたちVS最新ゲームたち

ゲームをしながら勉強できるアプリ「マナビモ!アソベンジャー!」が発表!基本プレイ無料で小、中学校までの勉強ができるとのこと!

投稿日:

学びも遊べんじゃー!ってことか・・・地味に楽しそうだな(・∀・)

子どもがゲームアプリばっかり遊んで勉強しない!っていう親御さんがいると思いますが・・・そんなとき、ゲームしながら勉強できたらいいのかな?って思ったことありませんか。

てなわけで、ゲーム兼勉強アプリ、「マナビモ!アソベンジャー!」が発表されましたぜ!


SPONSORED LINK


モンストの岡本吉起さんがプロデュースした「マナビモ!アソベンジャー!」とは

さて、今回発表された「マナビモ!アソベンジャー!」は、ゲームを楽しみながら勉強ができるアプリ。

といっても、今までも遊びながら勉強できるゲームやアプリはありましたが・・・遊び要素が少ないものが多いですよね(笑)

でもご安心を・・・この「マナビモ!アソベンジャー!」では、モンストを手がけた岡本吉起さんがプロデュース。

しっかりとゲーム要素にもこだわっている作品になっているみたいですぜ(・∀・)

「マナビモ!アソベンジャー!」の簡単な内容ですが、パートは「クイズ」、「獲得/育成」、「バトル」に分かれているとのこと。

クイズを解くことで手に入るジェム使用して、キャラクターを獲得・育成・・・それで育ったキャラクターでパーティを組みバトルに挑むって感じみたいです。

課金要素があるのかわかりませんが、でも、「クイズに答えれば、キャラクター獲得や育成のアイテムが貰える」ということで射幸心を煽ることができるならば、進んで勉強する子どもは出てきそうですね。

何なら、大人でも久しぶりに小中学の勉強したいって思う人がいるならば、楽しめるでしょう・・・オレもやりたいし(笑)

ちなみに、クイズは東京書籍や教育出版、三省堂などといった出版社の教科書をベースに、小学1年生から中学3年生までの問題が出るとのこと( ´ ▽ ` )


SPONSORED LINK


クイズは正解を当てるのではなく、間違いを選ぶ形に

でまあ、クイズと聞くと、正解を当てるというイメージをすると思いますが。

「マナビモ!アソベンジャー!」の場合は、

間違いを選ぶ

という方式になるそうですな(・∀・)

例えば、画像みたいに4つの選択肢があったとして、正解の答えを当てるのではなく。

3つの間違いを選んで、正解の回答を残す・・・という感じ。

この方式を採用した理由としては、

“わからない”と子供が躓く可能性を排し、正解することでモチベーションを高められるため

だそうです。

確かに、正解が1つだけだと白か黒かしかないので、ゲームとしても「正解しないとアイテムが貰えない」事になっちゃうでしょうからね。

それで間違いが続いたら、全然やる気が出なくなる子も出るでしょう。

でも、4つ中3つある間違いを探すとなると、逆に3つの正解があるので、仮に答えがわからなかったとしても当たる確率は上がりますし。

それで1つでも正解があったら、ジェム1個とか貰えるってなったら、モチベもそこまで下がらないでしょう。

まあ、それで実際に身につくのかはわかりませんが・・・とりあえずちょっとでも勉強に触れて、続ける事が大事でしょうからね( ´ ▽ ` )

ちなみに、オープンβテストが行われていますので、気になる人は触ってみるといいでしょう!

あとがきっくす

ボランティアでちびっこと触れる機会が多いのですが、そのときに勉強の話になると思い出せないときがあるんですよね(笑)

なので、暇な時にでも、「こんなこと勉強してたなー」って感じで遊んでみるのもありかもなと(・∀・)

にしても、基本プレイ無料っていうのが気になるね・・・どの場面で課金が必要になるんだろう。

課金でキャラクターを強化できますとかだったら、勉強の意味がなくなりそうですし、オレもβテスト参加してみようかな?

-スマートフォン・タブレット
-, , , , ,

Copyright© レトロゲームたちVS最新ゲームたち , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.