「エルデンリング」の予約が開始!ゲームプレイ動画から霊体やクラフト、マルチプレイといった存在も明らかに!

erudennri.png

フロム・ソフトウェアさんらしい雰囲気ですが、かなり自由度が高そうですね・・・こりゃあハマると抜け出せなくなるタイプのゲームだ(;´∀`)

エルデンリング

のゲームプレイ動画が公開され、新たな要素に関する情報もチラホラと明らかになったみたいですね。

更に、予約も開始となっていますので、気になる人は忘れずに検討を!


SPONSORED LINK


「エルデンリング」のゲームプレイ動画が公開・・・とにかくフィールドが広そう

「ゲーム・オブ・スローンズ」の原作者であるジョージ・R・R・マーティンさんとフロム・ソフトウェアさんがコラボをして開発された「エルデンリング」という作品。

世界的にかなり期待されている今作ですが、ゲームプレイ動画が公開されましたな(・∀・)

今回のゲームプレイ動画では、「エルデンリング」の雰囲気だけではなく戦闘や新要素に関する情報もちらほらと明らかになっていますね。

まず、「エルデンリング」は

オープンワールドアクションRPG

とのことで、自分の足で移動するだけではなく霊馬を駆ってフィールドを動き回ることが可能。

ゲームとしては「狭間の地」と呼ばれるところから始まるそうで、

祝福

と呼ばれるものがチェックポイントになるみたい。

syukuhu.jpg

この祝福の中には、プレイヤーを導く光を発するものがあり、それを辿って次なる目的地に進むのもいいですし。

この光を無視して違うところに行くのもあり。

色々とクエストも用意されているとのことなので、メインクエストは一旦置いて寄り道をして、サイドクエストをこなしていく・・・という楽しみ方もできるのでしょう( ・`ω・´)

ちなみに、世界地図もあるそうですが、

地図断片

を取得しないと更新されないみたい。

tidudannpe.jpg

ただ、この地図断片を集めることができれば、地図上に素材のある場所や危険な敵のいる場所などがマーキングできたり。

自分で目的地を設定することもできるので、しっかりと集めていきましょう。

フィールドは立体的な形をしており、高い場所も存在するのですが・・・うんしょ、うんしょと登るのはなかなかにストレス。

ですが、例えば、騎乗中に気流のある場所へ行けばそのまま高くジャンプできるとのことなので、それらの要素を活用すればストレスなく動き回ることができるのかなと!

erudennzyann.png

ちなみに、フィールドには地下墓地や洞窟などといったダンジョンが存在しており、ダンジョン内には宝箱やボスがあるみたい。

で、このダンジョンですが、ソウルシリーズにもあった壁を斬りつけることで隠し通路を発見することもあるんだとか。

すごいアイテムがあるのか、近道になるのか・・・それはプレイしてみてのお楽しみですね(・∀・)

dannzyo.jpg

また、ダンジョンも立体的な形をしているそうで、決まったルートを使って攻略する必要はなし。

ちょっと遠回りをして、ある程度安全に進む・・・なんてこともできるのかな?

ちなみに、フィールドからダンジョンへは

シームレス

に進むとのこと・・・とにかく気持ちよく移動することができそうですな!


SPONSORED LINK


武器には戦技を、ステルス要素も、他のプレイヤーとのマルチも可能

「エルデンリング」の戦闘としては、動画を見る限りソウルシリーズよりもアグレッシブに動き回ることができそうですね。

馬上で戦ったり、瞬間移動みたいな動きをしたり・・・爽快感があるアクションを楽しめるかも?

武器には大剣や双剣、槍や杖などが存在していそうですが、それらに

戦技

というものをつけることができるとのこと。

戦技の種類は何があるのかはまだ不明ですが、敵のガードを崩すとかあるのかもね(・∀・)

buki.jpg

また、

霊体

を複数召喚することができるみたいで。

reitai.jpg

こりゃあ一人で攻略するのは厳しい!!っていう場面でも、霊体を召喚して一緒に戦ってもらうこともできるようですな。

霊体にも種類はあるそうで、人の形をしたものじゃない霊体も召喚できるっぽいですね。

ちなみに、「エルデンリング」にもしっかりと

オンラインマルチプレイ

が実装されており、他のプレイヤーと協力したり敵対したり。

また、侵入するなどといったソウルシリーズお馴染みの遊び方ができるっぽいですな(・∀・)

sourusi.png

あと、

ステルス

的な戦い方をしているシーンも動画にありましたね。

草むら的なところをしゃがんで静かに近づいてブスッと・・・ステルスアクションが得意な人にもありがたい要素なのかなと( ´ー`)


SPONSORED LINK


クラフト要素も存在・・・どこまでクラフトできるのかな?

あと気になった要素としては、「エルデンリング」には

クラフト要素

も存在するみたいですな(・∀・)

erudekurahuto.jpg

フィールド上には様々な素材が落ちているみたいですが、それらを集めてアイテムを作成することができるとのこと。

動画では、敵を眠らせる効果のある矢をクラフトして攻撃していましたな。

nemuriya.jpg

何がクラフトできるのか、これもまだ情報がありませんが、おそらく回復アイテムだったり、矢などをクラフトする感じなのでしょう。

もしかしたら、武器とかもクラフトできる・・・なんてこともあるのかな?


SPONSORED LINK


「エルデンリング」の予約が開始。コレクターズエディションも発売決定

最後に、「エルデンリング」の予約が開始となりましたな!

対応プラットフォームはPS5、PS4、XB1、XSX・・・そしてSteam。

価格は、通常版がパッケージ、ダウンロード版共ともに税込9,240円とのこと・・・なかなかいい値段ですな(笑)

でも、それだけのボリュームがあると思いますので、そこは一旦目を瞑りましょう(;^ω^)

ちなみに、XBOX機種はダウンロードのみでの販売だそうです。

通常版の他にも、ダウンロード版には「デジタルデラックスエディション」が用意されており、価格は税込9,900円。

通常版にほんのちょっとお金をのせれば、デジタルアートブック&サウンドトラックがついてくるみたいですな!

tuuzyoubna.png

そして、PS5とPS4のパッケージ版では、

コレクターズエディション

も発売されるとのこと。

価格は税込24,200円といいお値段となっていますが、本編の他にも

「ミケラの刃、マレニア」スタチュー(23cm)
アートブック(ハードカバー仕様/40P)
デジタルサウンドトラック
スチールブック

がセットになるとのことなので、フロム作品が好きな人は検討してみるのもいいでしょう(・∀・)

ちなみに・・・PS4→PS5、XB1→XSXへのアップグレードは無料とのことなので、次世代機が出るまで我慢はしなくても良さそうですぜ!?

あとがきっくす

動画の最後の方には、フードをかぶった隻眼の女性が登場してましたな。

メリナという名前らしいですが、今作のかぼたん枠がこの子なのでしょうね(・∀・)

何かしらの野心があるみたいですが・・・物語にどう繋がってくるのか気になりますね!

-Steam, PlayStation5, PlayStation4, XBOX series X, XBOXONE
-, , , , , ,

© 2021 レトロゲームたちVS最新ゲームたち Powered by AFFINGER5

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。