サイバーガジェットが不正競争防止法違反の疑いで書類送検。「CYBER セーブエディター(PS4用)」絡みの摘発みたいね。

saiba2.png

寝てしまって書きそこねていましたが・・・サイバーガジェットさんとその代表取締役ら3人が、

不正競争防止法違反

ということで、書類送検されていましたな(;´Д`)

改めて、不正競争防止法ってなんだろうっていう話も含めて、このニュースを掘り下げてみましょ。


SPONSORED LINK


CYBER セーブエディター(PS4用)の販売で、サイバーガジェットが書類送検

てなわけで・・・サイバーガジェットさんとその代表取締役ら3人が、不正競争防止法違反で書類送検されました。

引っかかったのは、

CYBER セーブエディター(PS4用)

の存在。

この「CYBER セーブエディター(PS4用)」では、例えば、「モンスターハンターワールド」のお金がMAXになるといったセーブデータ改ざんができるわけですが。

百歩譲って、ツールは提供するけれども、個人の責任で色々調べて改造してください!っていうならまだしも。

サイバーガジェットさんが、予め効果を得られる

パッチコード

を提供していたことが、今回の不正競争防止法違反に繋がったみたいですね(;´∀`)


SPONSORED LINK


不正競争防止法って何?

でまあ、この「不正競争防止法」ってなんぞや?って思う人もいるかもですが・・・まあ、オレも詳しくはありませんけれども。

titeki.png

とりあえず、読んで字の如く、

事業者間の不正な競争を防止するための法律

です(;^ω^)

例えば、ニンテンドースイッチによーく似た「NANICA SMITCH」なんてものが海外では発売されていましたが。

こんな感じで、社会で大きく広く知られている商品名やパッケージ、商品自体に似せたものを作って、勘違いさせて購入を促すような行為は不正競争防止法違反の対象。

例えば、プレイステーションっていう名前を使って車屋さんを開きました・・・っていう感じのものも不正競争防止法違反になるみたいですし。

xboxone.comというドメインに似せたxboxone.jpを使って、アダルトサイトを立ち上げ運営しました・・・とかも、不正競争防止法違反になるようです。

そんな感じで、明らかに狙って儲かろうとしたり、その会社のイメージを落とすような行為などが、不正競争防止法に引っかかる感じみたいですね。

不正競争防止法の中には、CDやDVDなどのデータをいじったもの・・・例えば、海賊版の提供なども含まれるのですが。

2018年11月には「ゲームのデータ」をいじって提供することも、不正競争防止法違反の対象となりました。

なのでサイバーガジェットさんは、2018年12月にはCYBERセーブエディター(PS4用)の販売を終了していたみたいですが。

ただ、アフターサポートなどは2019年6月まで行っていたため、この2018年12月から2019年5月までの期間に色々やっていたことが、不正競争防止法違反の対象となったみたいですね(;´Д`)

ちなみに、法人での摘発は全国初とのこと・・・そのため、結構大々的にニュースになりましたが。

もちろん個人でも逮捕されている人はいますので、セーブデータを改造して販売するとか、ゲーム本体を改造して売るとか、そんな感じで金稼ぎはしないようにしましょ。

あとがきっくす

ぶっちゃけオレも、PS1やPS2の時代は使ってみたことはありますけれどもね(;^ω^)

真・三國無双2のキャラステータスをMAXにして、ありえないジャンプをしたり、移動スピードになったり・・・そんなことで遊んでいましたが。

昔と違って、今はネットオークションやネットフリマなどが当たり前になって、好き勝手ものを売れるようになりましたし。

オンライン対戦などが活発になっていることで、強くなりたい人に向けたデータ売りも増えているのでしょうな。

個人でひっそりと楽しむ分にはまだ良かったのかもしれませんが、大々的なっちゃっているのが問題の一つなのでしょう。

いずれにせよ、法律は法律なので、それを反してまで何かしてやる!っていうことは考えないようにしてくださいね(;´∀`)

-雑記
-, , , ,

Copyright© レトロゲームたちVS最新ゲームたち , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.