魔界村シリーズ最新作「帰ってきた魔界村」がニンテンドースイッチ向けに配信決定!また32本の名作アーケードゲームが遊べる「カプコンアーケードスタジアム」も発表!

gosut.png

これ・・・過去作だったら相当な地獄絵図ですな(;^ω^)

カプコンさんがニンテンドースイッチ向けタイトルを2本発表しましたな。

1つは魔界村シリーズ最新作となる

帰ってきた魔界村

という、特撮が好きな人は反応してしまうタイトル(笑)

もう1本・・・1本と言っていいのかわかりませんが

カプコンアーケードスタジアム

ものも発表されました。

ということで、それら合わせてご紹介!


SPONSORED LINK


魔界村シリーズ最新作「帰ってきた魔界村」が配信決定

gokumaka.png

そういえば、魔界村シリーズも久しく新作が出ていませんでしたな・・・アプリを除けば、多分PSPで発売された「極魔界村 改」以来?

ということで、魔界村シリーズ最新作となる

「帰ってきた魔界村」

が2021年2月25日にニンテンドースイッチで配信されることが発表されました。

価格は3,627円+税。

この「帰ってきた魔界村」は、1作目である「魔界村」と、2作目の「大魔界村」をモチーフにした作品だそうで。

基本的なゲームシステムは今まで通りなものの、

オービィ

と呼ばれる生き物がステージに存在。

そのオービィを集めてオービィの木に戻してあげることで

魔法・スキル

を開放したり、成長させたりできるんだとか。

asasa.png

今までは、ステージで手に入れた鎧などでパワーアップして魔法などが使えていましたが。

「帰ってきた魔界村」では、ステージ攻略前に魔法などを選ぶことができるみたい・・・ここが今までとはちょっと違うところですかね?

あとはいつもどおり、槍や聖水などの8種類の武器を使い分けたり、ダメージを食らうとパンツ姿になったり・・・そこは相変わらず(笑)

ただ、「帰ってきた魔界村」のアーサーはパンツ姿になると

最初の一撃の攻撃力が3倍

になるみたいですので、あえてパンツ姿になるのも攻略に役立つかもしれませんね( ・`ω・´)

bosumakai.png

ちなみに、難易度は3種類で。

その他に、色々と制限されるもののアクションが苦手な人でも楽しめる

見習い騎士

というモードも存在しているそうです。

まあ、そこまでして魔界村をプレイしたい人がいるかは謎ですけれどもね(;^ω^)


SPONSORED LINK


32本のアーケードゲームが楽しめる「カプコンアーケードスタジアム」も発表

そしてカプコンさんがもう一つ発表したのが

「カプコンアーケードスタジアム」

というニンテンドースイッチ向けタイトル・・・タイトルなのかな(;・∀・)?

とりあえず、この「カプコンアーケードスタジアム」は、カプコンさんの名作アーケードゲームが遊べる

クライアント

アプリだそうで。

このクライアントアプリを無料で手に入れたあと、いろんなタイトルがセットになった別売りのパックを購入して、どんどん追加していく形になるみたいですな。

昔、PS3やXBOX360に配信されていた「カプコン アーケード キャビネット」みたいな感じ。

NewImage

ちなみに、無料で手に入る「カプコンアーケードスタジアム」のクライアントには、

「1943 – ミッドウェイ海戦 -」

は同梱されるみたいですので、少なくとも1本は無料で遊べることになります。

で、10本パックが3種類あるそうで、それぞれ

Capcom Arcade Stadium Pack 1

・バルガス
・ひげ丸
・1942
・戦場の狼
・セクションZ
・闘いの挽歌
・アレスの翼
・BIONIC COMMANDO
・フォゴットンワールド
・大魔界村

Capcom Arcade Stadium Pack 2

・ストライダー飛竜
・天地を喰らう
・ファイナルファイト
・1941 – Counter Attack –
・戦場の狼Ⅱ
・チキチキボーイズ
・U.S. Navy
・ストリートファイターII – The World Warrior –
・キャプテンコマンドー
・バース – OPERATION THUNDER STORM –

Capcom Arcade Stadium Pack 3

・天地を喰らうⅡ – 赤壁の戦い –
・ストリートファイターII’ TURBO – HYPER FIGHTING –
・スーパーストリートファイターIIX – Grand Master Challenge –
・パワードギア – STRATEGIC VARIANT ARMOR EQUIPMENT –
・サイバーボッツ – FULLMETAL MADNESS –
・19XX – The War Against Destiny –
・バトルサーキット
・ギガウィング
・1944 – The Loop Master –
・プロギアの嵐

のアーケードゲームが収録。

ちなみに、これらすべてを収録した「30本パック」も存在するそうで、それを購入すると「魔界村」が付属。

もし10本パックを別々に購入したとしても、「魔界村」だけ単品で購入できるみたいですね。

なんかちょっとややこしい仕組みですけれども、カプコンさんのアーケードゲームが好きな人は、結構ワクワクするラインナップなのかな?

それとも、いろんな機種で遊びすぎて「もういいや!」って感じなのかな?(笑)

「カプコンアーケードスタジアム」では、ただ単にゲームを楽しめるだけではなく。

ミスしてもやり直せる「巻き戻し」機能だったり、こういうクラシックゲームを遊ぶときには当たり前になった「どこでもセーブ/ロード」の機能。

また、難易度やライフ数、ゲームスピードなどを調整できる「ゲーム設定」。

更に、アーケード筐体で遊んでいるような雰囲気を味わえる「フィルター/背景」機能だったり。

世界中のプレイヤーとスコアアタックやタイムアタックを競える「世界中でランキング」もあるみたい。

ガチなプレイヤーが「カプコンアーケードスタジアム」を購入したら、世界ランク上位を目指すのもありでしょう。

ちなみに、週替わりで

SPECIAL CHALLENGE

というものも配信されるそうで。

まだ詳細はわかりませんけれども、これも自分の腕を試すことができるチャレンジになるのでしょうな。

価格はまだ未定ですけれども、ニンテンドースイッチなら持ち運んで遊ぶこともできますからね。

昔のゲームでもまだまだ上位を目指すために練習するぜ!って思う人にもいいかもね(・∀・)

あとがきっくす

「帰ってきた魔界村」は価格もそこまで高くないですし、アクション好きには嬉しいですね。

ニンテンドースイッチオンラインではファミコン版「魔界村」とスーファミ版「超魔界村」が遊べるので、それで勘を取り戻すのもありかも?(笑)

あと「カプコンアーケードスタジアム」の方は、前もこんな感じのやり方で売っていましたが、それはうまくいっていたのかな?

それとも、ニンテンドースイッチならうまくいくだろう!という感じで再びやり始めたのかな?

いずれにせよ、気になるのは価格ですね・・・「カプコン アーケード キャビネット」のときは3タイトル1,000円いかないくらいだった気がするので。

単純に10タイトルだと3,000円ちょっとになるのかな(;・∀・)

1パックずつ購入すれば9,000円くらいで、3パックセットだと割引されて8,000円とか・・・そんな感じになりそうですね。

てか、これを「カプコンホームアーケード」だったり、噂になっている「レトロステーション」に収録してほしいですな(笑)

ちなみに、「カプコンアーケードスタジアム」のトレーラー動画の曲は

A Brand New Day

というタイトルだそうで、Zac Zingerさんという方が手掛けているとのこと・・・一瞬ダフト・パンクだと思った(笑)

で、この「A Brand New Day」のショートバージョンが、12月18日まで下記公式サイトでダウンロードすることができるみたいですね。

おしゃれな曲だなと思った人は、しっかり手に入れておきましょ( ・`ω・´)

-ニンテンドースイッチ
-, , , ,

© 2022 レトロゲームたちVS最新ゲームたち Powered by AFFINGER5

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。