ケンタッキーに続き、ビールメーカーのBudLight(バドライト)もゲーム機を!?「BL6」がオークションで取引中!

bl66.png

なんだなんだ、海外ではゲーム機を生み出すのが流行っているのか!?

ケンタッキーフライドチキンのKFC Gamingさんが「KFConsole」というゲーム機を発売しようとしていましたが。

ここに来て、ビールメーカーのBudLightバドライト)さんも

BL6

というゲーム機を発売するみたいですぜ( ゚Д゚)?


SPONSORED LINK


ビールメーカーのBudLight(バドライト)のゲーム機「BL6」が登場?

てことで、なんだかわからないですが・・・ビールメーカーのBudLight(バドライト)さんもゲーム機を開発するみたいですね。

その名も、

BL6

だそうで。

すでに公開されている本体画像を見ると、パッと見、ビール6缶セットです(笑)

bl6.png

そのセットにコントローラーが添えられているだけに見えるわけですが・・・見た目に反してちゃんとゲーム機みたいですね(;^ω^)

KFC Gamingさんの「KFConsole」とは違って、「BL6」はそこそこ具体的な内容が明らかになっていまして。

ビールが入っている箱ではあるものの、どこでもゲームができるように

プロジェクター

が内蔵。

puro.png

更に、

「鉄拳7」「ソウルキャリバー6」「Freeze Tag」「RBI Baseball 20」「Broforce」「Six Puck」

の6つのゲームがプリインストールされているそうです。

英語表記のゲームタイトルが全くわかりませんが、まさかの「鉄拳7」と「ソウルキャリバー6」が遊べてしまうみたいです(;^ω^)

このタイトルラインナップ・・・謎すぎますよね(笑)

ちなみに、6缶入るように見えますけれども、実際には4缶分は本体の一部だそうで。

残り2缶分のスペースだけ、実際のビールを保冷できる機能が備わっているみたいですな。

hore.png

ここにビールを入れて持ち運んで、外で「鉄拳7」をプレイする・・・なんてことができるわけですな。


SPONSORED LINK


スペックはそこそこ・・・でも、すでにプレミア価格に

「KFConsole」の方は、4K120fpsにも対応する!なんて化け物スペックな発表をしていましたが。

じゃあ、この「BL6」はというと、意外と現実的で(笑)

bl6.png

上記のスペック表はシャレで作ったスペック表になっていますが。

実際のスペックはというと、内蔵されているプロジェクタはASUS製だそうで、画質は720p。

メモリは16ギガバイト、バッテリーは2時間だそうです。

それ以外の詳しいスペックは明らかになっていませんが、「鉄拳7」や「ソウルキャリバー6」が問題なく動作するスペックなのでしょう(´~`)

ちなみに、現在PS5やXSXが手に入らない状況が続いていますが。

この「BL6」はというと公式のオークションにて販売されているそうで、1ドル入札からスタート。

その結果、記事を書いている今現在、

8,513ドル

というすんげぇ入札額になっています(笑)

"]

日本円だと88万円ちょっと。

多分1台しかないんでしょう・・・それだけ興味を持っている人がいるわけですな(・∀・)

確かに、インテリアとしてもそこそこオシャレですもんな。

ちなみに、BL6の売り上げ金に関しては、全米レストラン協会と学校法人に寄付されるとのこと。

「KFConsole」もこんな感じの売りからをするつもりなのかな??

あとがきっくす

自分は酒が飲めない人間ですけれども、海外のビールのデザインってオシャレですよね(・∀・)

なんか、看板とかポスターとかが欲しくなります(笑)

このBL6も、別にゲームを遊びたいわけではなく、ネタとして欲しいという人がオークションに入札していそうですね。

でも、実際にこれが発売されたってことは、「KFConsole」もまじで発売することになるんかな!?

流石にスペックは再現できないだろうけれども・・・。

-雑記
-, , , ,

Copyright© レトロゲームたちVS最新ゲームたち , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。