「バイオハザード RE:バース」は「バイオハザード ヴィレッジ」と同時配信ではない模様!オープンベータをプレイした人はどんな評価なのかな?

reverse.png

自分もオープンベータをちょっとプレイしてみましたが難しいですな・・・全然勝てなかった(;^ω^)

2021年5月8日に発売予定の「バイオハザード ヴィレッジ」ですけれども、その無償特典として

バイオハザード RE:バース

が付属されるということが発表されていましたよね?

そんな「バイオハザード RE:バース」ですけれども・・・「バイオハザード ヴィレッジ」の発売日と同時配信ではないみたいですぜ?


SPONSORED LINK


「バイオハザード RE:バース」は「バイオハザード ヴィレッジ」と同時配信ではない

バイオハザードシリーズ最新作である「バイオハザード ヴィレッジ」がもうちょっとで発売されますが。

「バイオハザード ヴィレッジ」を購入した人は、PS4とXBOXONE、Steam向けのオンライン専用タイトルである

「バイオハザード RE:バース」

が付属します。

rebaaa.png

この「バイオハザード RE:バース」は、バイオハザードシリーズ25周年記念を祝して制作されたタイトルで。

クリスやジル、レオンやクレア、エイダやハンクといったお馴染みのキャラクターたちを操作して、4〜6人のデスマッチを行うゲームとなっています。

基本的なルールは簡単で、対戦終了までに相手をぶっ倒しまくってポイントを多く獲得していれば勝ち。

キャラクターごとに持っている武器やスキルが違うほか、ステージ上にも様々な武器やアイテムが落ちているため、それらを活用してガンガン戦うわけですが。

この「バイオハザード RE:バース」の面白いところは、一度負けたとしても

B.O.W.(有機生命体兵器)として復活する

んですよね( ・`ω・´)

zyakku.png

ジャック・ベイカーやネメシスに変異して、その姿で戦うことができまして。

この状態で相手を倒せば

リベンジ

ということになり、多くのポイントをゲットすることができます。

ステージ上にはウイルスが落ちており、それらを多く集めてからB.O.W.として復活すると、より強力なB.O.W.に変異。

人間のまま戦うか、ウイルスを集めて敢えてやられてタイラントみたいな強いB.O.W.になるか・・・といった駆け引きを楽しむことができるわけですな!

taira.png

そんな「バイオハザード RE:バース」ですけれども、

「バイオハザード ヴィレッジ」の発売日と同時配信

と思っていた人も多いはず・・・少なくとも自分はそう思っていました(笑)

でも実際には

2021年夏

に配信されるみたいですね。

まあ、「バイオハザード RE:バース」を遊びたいがために「バイオハザード ヴィレッジ」を買うつもりだった!という人がいるのか分かりませんけれども(;^ω^)

「バイオハザード RE:バース」自体を楽しみに思っていた人はいるでしょうから、その人達はもうしばらく待っておきましょ。


SPONSORED LINK


オープンベータをプレイしてみたけれども・・・ほかの人はどんな評価なのかな?

でまあ、自分も「バイオハザード RE:バース」のオープンベータをプレイしてみましたが。

もともと対戦が下手くそなのもあるでしょうけれども、なかなかに難しいなと(;^ω^)

純粋にエイムが下手くそなので、生身状態ではそれでボッコボコにされることが多かったのですが・・・ただ、

敵キャラクターを使って戦える

というのは、やっぱりテンションが上がりますね(笑)

本編だとありえないことですからね・・・残虐な考えですけれども、「敵側になって人間を襲ってみたいな」と思ったことは何度あったことか(;^ω^)

ちなみに・・・ちょっと話はズレますが、バイオ6ではモンスター側になることができるモードが有りまして、それはちょっとテンションが上りました。

tairannto.png

「バイオハザード RE:バース」では、ボスクラスのB.O.W.にも変異することができるので、例えば、タイラントになって「ほれほれー!」って生身の人間を攻めているときは、本当に悪役の気持ちになれます(笑)

とはいえ、無闇に突っ込めば、いくらネメシスだろうがタイラントだろうが簡単にやられてしまうわけで。

ボスらしく「ガンガンせめていけるぞ!」という爽快感がそこまでないっていうのはちょっと残念・・・本編だとあんなにも強いのにね(;^ω^)

taiman.png

ゲーム全体を見ると、正直なところ無料で楽しめるならば「ありがたい!」と思えるけれども。

これが有料だったら「うーん・・・」となるレベルかなと・・・まあ、オープンベータなのでここから化ける可能性はありますが。

現段階では、キャラクターは6人と少なく、武器やスキルもキャラクターごとに固定。

スキルの成長要素も特にないため、特定の強いスキルを持つキャラクターを使う人達がわんさかいます・・・クレアとか。

uirususus.png

また、銃撃戦をするよりも、とにかく「ウイルス」を集めて強いB.O.W.になったもん勝ちな部分もあります。

なので、生身で戦うか、B.O.W.になって戦うか・・・という駆け引き的なところが弱い気もします。

ただ、どちらにせよ

ガンガン攻めないとポイントが入らない

ため、結構戦闘は多いイメージではありました・・・戦闘が好きだ!という人にはいいゲームかもね(笑)

とまあ、今のところは面白くないわけではないのですが、すげぇ面白い!という程でもない感じですな。

tuiseki.png

ちなみに、他の人はどんな評価をしているのかなー?と思って眺めてみましたが。

銃撃戦と雑魚B.O.W.に変異したときのストレスがすごいとか、全体的に大雑把な作りだとか、ネガティブな評価はそんな感じ。

対してポジティブな評価を見てみると、やっぱり

B.O.W.になったあとのやり取りが面白い

という評価が多かったですね(・∀・)

ここらへんは慣れも必要になるのでしょうけれども、強いB.O.W.になって無双しているときとかめっちゃ気持ちいいみたい。

あとは、知らない人と意気投合してB.O.W.姿でワイワイしているという楽しみ方もあるんだとか(笑)

で、製品版で期待されているのは、

キャラクターの追加

とのことですが・・・これは難しいような気がします(;´∀`)

なんとなくですが、RE ENGINEで開発したバイオシリーズのキャラクターだけが登場しているので。

もしこれからキャラクターが追加となるならば、「豆腐」や「カルロス」くらいになりそうだなと・・・それかまさかの「シェリー」とか?(笑)

イーサンはTPSではないので登場できないでしょうし、キャラ追加はあまり期待できないのかなと。

ただ、B.O.W.はほかに色々いると思いますので、そこがもうちょっと追加されると、また評価は変わるのかもしれませんな!

あとはスキル・・・「強いスキルをもつキャラクターが強い」状態にもなっているので、ここらへんの調整も入るといいですね。

まだオープンベータの段階ですけれども、うまく調子すれば化けそうなタイトルだと思いましたので、カプコンさんがどこまで力を入れるのか楽しみですな( ・`ω・´)

あとがきっくす

ちなみに、生身の人間の周りをファミパンおじさんやネメシスたちが取り囲んでいる姿を遠くで見ると、なんか笑えます(笑)

なんだろう、ゴジラ対別怪獣に人間が巻き込まれている感がすごくなります(;^ω^)

あ、個人的にありがたいのが

5分で終わる

というのもいいですね!

マッチングがそこまで早くはないですが・・・ただ、ちょっとだけ遊びたいなーっていう人も結構いると思いますので、この5分という制限時間の需要はあると思います。

どこまで調整してくれるのか・・・2021年夏を待ちましょ!

-Steam, PlayStation4, XBOXONE
-, , , , , ,

© 2021 レトロゲームたちVS最新ゲームたち Powered by AFFINGER5

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。