単なる一般人が気になった新作タイトルを紹介するブログ。たまにゲームプレイやレトロゲーム話もチラホラと。

レトロゲームたちVS最新ゲームたち

「十三月のふたり姫」が目標額に到達!女神転生シリーズ生みの親の一人、鈴木一也さんたちが描く新ダークファンタジー!

投稿日:

13gatu

最近、名作を生み出してきた人が独立して、クラウドファンディングで資金を募り、ゲームを開発するということが増えてきましたな。

鈴木一也さんもその一人・・・500万円のクラウドファンディングを行っていましたが、ついに目標額に到達したみたいですね!

これから生み出される作品・・・その名も「十三月のふたり姫」(`・ω・´)

「十三月のふたり姫」が目標額に到達・・・女神転生シリーズのレジェンドスタッフが開発!

Hutari

「十三月のふたり姫」のクラウドファンディングが完了したみたいですが、その前に、鈴木一也さんって誰?っていう人もいるかもしれませんな(;´∀`)

鈴木一也さんは、アトラスさんから発売されている真・女神転生シリーズの礎を築いた方です。

Sakyuba

真がつく前の女神転生シリーズに、交渉システムや仲魔システム、合体システムを導入したのがこの方・・・今でも新作に引き継がれているシステムですね(・∀・)

そんな鈴木一也さんですが、最近はほぼゲーム開発を行っていませんでしたね。

ですが、ここにきて、女神転生シリーズのBGMを手掛けた増子津可燦さん、「真・女神転生IMAGINE」のプロデューサーを務めた小林正和さんと、女神転生シリーズのレジェンドスタッフが集結し、

「十三月のふたり姫」

というタイトルを開発するそうです(`・ω・´)

「十三月のふたり姫」はダークファンタジーのノベルゲーム

でまあ、鈴木一也さんというと、オカルトや宗教といった感じのダークなイメージが強いですが、今回開発される「十三月のふたり姫」は、

ダークファンタジーのノベルゲーム

になるみたいですね。

童話「いばら姫」をまったく新たな解釈で再構築・・・本来は、茨に囲まれた城に、魔女の呪いで永遠の眠りについた姫がいて。

そこに勇敢な王子様が訪れて、口づけをして、姫が目を覚めてハッピーエンドという感じの物語なのですが。

「十三月のふたり姫」では、残念ながらその口づけでは姫は起きません(;´Д`)

Monogatari

その100年後に再び王子が現れては、姫に愛を届け、そのもう100年後に王子が現れては、姫に愛を届け・・・結果、目覚めさせることができる王子は誰なのかという物語を、「十三月のふたり姫」で体験する事ができるみたいですね。

童話などでは、姫が起きる前の物語と、起きた後の物語はあるけれども、眠っている間の物語がない!ってことで、「十三月のふたり姫」ではそこの物語を描くみたいです(・∀・)

姫に託された秘密、魔女の真の目的・・・など、様々な謎はありますが、その答えを知るのは、皆さんの選択次第。

さて、どういう結末になるのかな!?

あとがきっくす

Kickstarterで書かれている、

何億ポリゴンを使っても、何千万ドルを費やしても 最上級のアート、サウンド、ストーリーがなければ、 プレイヤーに極上の甘い悪夢を見せることはできません。

っていう言葉、いいですね。

ただ、今まで独立した有名開発者たちが、クラウドファンディングで開発したゲームは、微妙な作品ばかりでしたな(;´∀`)

さて、この作品はどうなるのか・・・この言葉通りに極上の甘い悪夢を見せてくれるのか、それとも、本当の悪夢になるのか。

続報が楽しみですな!

-新作ゲーム未分類, 雑記
-, , , ,

Copyright© レトロゲームたちVS最新ゲームたち , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.