単なる一般人が気になった新作タイトルを紹介するブログ。たまにゲームプレイやレトロゲーム話もチラホラと。

レトロゲームたちVS最新ゲームたち

「クロノ・トリガー」がSteamにて配信開始!追加ダンジョンなどを収録した完全版で・・・価格は1,944円!?

投稿日:

2018年・・・早くも3月になっちゃったなぁ(;´∀`)

昨日、2018年2月28日にSteamにて

クロノ・トリガー

がいきなり配信されましたぜ!

ちょっと高い気がするけれども・・・まあ、余すこと無く遊びたい人にはいいかな!?

追加ダンジョンなども収録した完全版「クロノ・トリガー」が、急にSteamにて配信開始

「クロノ・トリガー」は、1995年にスーパーファミコンで発売されたRPGですな。

DQシリーズの生みの親である堀井雄二さん、ドラゴンボールの作者である鳥山明さん。

FFシリーズの生みの親である坂口博信さんやFFの大半の曲を手がけた作曲家の植松伸夫さん・・・などなど、ビッグな方々が携わる作品として話題になりました(`・ω・´)

現代や中世など、様々な時代を駆け巡りながら展開されるストーリーに、特徴的なキャラクターたち。

FFシリーズのバトルシステムであるアクティブタイムバトル、ATBを強化したATB Ver2で緊張感のあるバトルも楽しめる作品でしたね。

Gonnza

そんな「クロノ・トリガー」ですが、今までPSやニンテンドーDS、スマホ向けにもリメイクされましたが。

2018年2月28日、突如Steamに配信されました(笑)

Steam版「クロノ・トリガー」は、DS版で追加された「次元のゆがみ」「竜の聖域」といったダンジョンも収録されるほか。

グラフィックのリニューアル、サウンドの再収録。

更にアニメカットシーンも収録している完全版として発売されるみたいですので、これからプレイする人にはいいのかなと思います(`・ω・´)

Guragura2

ただ、スマホ版のグラフィックやUIが嫌いだった人たちは不評みたいですが・・・(笑)


SPONSORED LINK


Steam版「クロノ・トリガー」の価格は1,944円・・・4月3日までは限定版が発売

Guragura3

さて、そんなSteam版「クロノ・トリガー」ですけれども、ちゃんと日本語も収録されています。

価格は1,944円と結構高いのですが、4月3日までは、

特別編集 クロノ・トリガー スペシャルメドレー(1曲)
作曲家 光田康典氏デジタルライナーノーツ
PC壁紙集(6種)

も手に入る限定版として販売されるみたいですね!

Kuronosouki

それらもしっかり手に入れることができれば、1,944円もそこそこ妥当な価格なのかなと(;´∀`)

因みに、スマホ版「クロノ・トリガー」もこれに合わせてアップデートされるそうで、既に購入している人は無償アップグレードされます。

忘れずにアップデートしておきましょう!

あとがきっくす

本当、不朽の名作にふさわしいですよね、「クロノ・トリガー」。

セツナやロストスフィアなど、その流れを引き継ぐ作品はチラホラ出ていますが、そっちはコレジャナイ!っていう評価ですし(;^ω^)

多分、これからも「クロノ・トリガー」という作品を抜く似たようなRPGは出ないのでしょうね。

久しぶりにプレイしたいなぁ。

-未分類
-, , , ,

Copyright© レトロゲームたちVS最新ゲームたち , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.