単なる一般人が気になった新作タイトルを紹介するブログ。たまにゲームプレイやレトロゲーム話もチラホラと。

レトロゲームたちVS最新ゲームたち

「エースコンバット7」は、歴代ナンバリングと同一の世界観になる模様!脚本は片渕須直さんが担当!

投稿日:

Esukonn7

おー・・・、オレは全部をプレイしていないからあれだけれども、歴代シリーズをプレイしている人は嬉しいかもね(笑)

エースコンバット7」の最新情報が公開され、「エースコンバット7」の世界観や脚本を担当する方の名前が明らかになりました。

物語も楽しみだね(・∀・)

「エースコンバット7」は、歴代ナンバリングと同一の世界観になる

E3 2018で公開されたトレーラー動画にて、「エースコンバット7」の主人公は、懲罰部隊に所属するトリガーと呼ばれる罪人であることが明らかになりましたな。

そんな「エースコンバット7」のストーリーはこんな感じ。

ユージア大陸では、大国オーシア連邦とエルジア王国との間で緊張が高まりつつあった。

2019年、オーシア国内で無人機を使用したテロが勃発。その同刻、エルジアはオーシアとユージア諸国の共同開発で進めていた宇宙太陽発電の基盤となる“軌道エレベーター”および周辺施設を占拠。

オーシアの行き過ぎた干渉と利害独占に反旗を翻し、エルジアは宣戦を布告。

強大な軍事力を持つオーシア軍に対し、エルジアは無数の攻撃無人機で対抗。瞬く間にオーシアの勢力は、ユージア大陸の東沿岸部へ追いやられてしまう。

市街地に影響を与えないエルジアのクリーンな戦争に対し、オーシア軍は誤爆を繰り返す。エルジア王女は放送でオーシアの行動を批判、世論はエルジア側に傾いていく。

―戦場では無人機が台頭し、有人機の落日が近づいている―

こうしてみると、なんか違う世界観に思えますが、実は「エースコンバット7」も、歴代ナンバリングと同一の世界観になるみたいですね!

時系列にするとこんな感じに。

1995年 ベルカ戦争「ACE0」

1999年 ユリシーズ落下

2003年 大陸戦争「ACE04」

2006年 自由エルジア蜂起

2010年 環太平洋戦争(ベルカ事変)「ACE5」

2015年 エメリア・エストバキア戦争「ACE6」

2019年 第二次大陸戦争(通称:灯台戦争) 今作「エースコンバット7」

2040年 企業間戦争「ACE3」

ということで、「エースコンバット7」は、「3」と「04」と同じユージア大陸が舞台となり、「5」から約10年後、「6」から約5年後の話になるみたいです。

Esukonnsekai

もし、歴代ナンバリングをすべて遊んでいる人は、何かしら面影を感じることができるかもしれませんね( ´ー`)


SPONSORED LINK


「エースコンバット7」の脚本は、片渕須直さんが担当に

そして、その「エースコンバット7」の物語を手がけるのが、脚本家

片渕須直さん

という方。

この方は、映画「この世界の片隅に」で、日本アカデミー賞最優秀アニメーション作品賞などを受賞した方で。

アニメでは「BLACK LAGOON」の監督や脚本を。

Blacklagoon

そして、ゲームでは、「エースコンバット04」「エースコンバット5」の脚本を担当した方でもあります(`・ω・´)

そんな片渕須直さんが再び、エースコンバットシリーズの脚本を手がけるとのこと・・・かなり本気ですね(笑)

今まで公開されている「エースコンバット7」のトレーラー動画でも、既に意味深な物語が展開されていますし。

製品版の物語が楽しみですね(・∀・)

あとがきっくす

そういえば、ちょっと前に噂になっていた「0」「04」「5」のHDリマスターが発売されるのでは?って話はどうなるんだろう。

「6」は、MSさん独占契約くさいですし、他機種には発売されないっぽいとして。

その他の、「エースコンバット7」に繋がりそうな作品は、HDリマスター化されてもおかしくはなさそうですね(`・ω・´)

しかも、「04」「5」は、今作の脚本も手がける片渕須直さんですし・・・こっちの正式発表が本当に行われるのかも楽しみですな。

-Steam, PlayStation4, XBOXONE
-, , , , ,

Copyright© レトロゲームたちVS最新ゲームたち , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.